東京都の粗大ゴミ回収処分はお任せください!

かたづけステーション ちょい捨てプラン 積みホーダイプラン 法人向けおかたづけ
かたづけステーション ちょい捨てプラン 積みホーダイプラン 法人向けおかたづけ

ちょい捨てプラン

積みホーダイプラン

メールで問い合わせる


サービス内容

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

回収できるもの

家電 家具類 日用品
テレビ、ビデオ、コンポ、コタツ、エアコン、冷蔵庫、扇風機、炊飯器、照明、パソコン、洗濯機、ラジカセ、レンジ、暖房器具、時計 机、テーブル、椅子、カラーボックス、物置、タンス、鏡台、ベッド、洋服ダンス、本棚、ソファー、下駄箱、食器棚、サイドボード、テレビ台 布団、衣類、本、雑誌、生活ゴミ、食器、調理器具、座布団、筆記用具、ファイル、カーペット、ビン、カン、混合ゴミ
オフィス用品 書類 その他
パソコン、ノートPC、コピーボード、カラー複合機、無停電装置、事務机、PCデスク、会議テーブル、事務イス、ベンチ、書庫、ロッカー、OAラック、応接セット、空調機器 機密書類、DM・チラシ、ファイル、雑誌、新聞、パンフレット、本類 自転車、バイク

東京都で不用品回収にお困りの方!正しいごみの出し方とは?

突然の引っ越しや実家の片づけなどで大量の不用品が出てしまう、大型の家具を処分したいと思った時、意外とどんなものが処分可能で、どんなものが処分できないのかわからずに困ってしまうことがありますよね。特に遺品整理や引っ越しなどで普段住んでいない土地でのごみの出し方、気になりますね。常識だと思っていたことが実はその地域だけのことだった、ということは良くあります。特にごみの出し方は各自治体で対応が異なるので注意が必要です。いざという時困らないためにも、事前にしっかり各自治体のHPなどで確認しておきたいですね。自治体の回収サービスは金額面では低価格ですが、回収できる数に制限があるなど、ごみの数が多い場合や排出できる人手の無い場合は対応できないことがあります。今回は東京都の一般的なごみ事情についてご紹介します。

大型商品に注意!不用品回収の落とし穴とは?

ゴミの分別の方法や粗大ごみの出し方などは、地域によってルールが違うものも多くあるので注意が必要です。また、遺品整理や引っ越しで大型の家具などを廃棄するとき最も気を付けなければならないのは、大きな家具であっても必ず住人がごみステーションや屋外に出す必要があるということです。東京都では高齢者や体に障害のある人を除き、日時指定、解体作業、部屋からの搬出は行わないことになっています。女性1人で作業しなければならない場合や、小さな子供がいる場合など、屋外まで大きな荷物を運ぶのは困難ですよね。こんな時に便利なのが粗大ごみ回収業者による粗大ごみ回収です。粗大ごみ回収業者の場合は部屋からの搬出や解体なども請け負ってくれるので、大型家具などの搬出作業が必要で困難な場合は検討してみて下さいね。

東京都で処分できる粗大ごみの種類と出し方とは?

東京都で処分できる粗大ごみは、日常生活で不要になった大型のごみになります。電気・ガス・石油器具をはじめ、家具・寝具・スポーツ用品、子供用品などがあげられます。大きさによって処分費用が変わってくるので、あらかじめホームページなどで確認しておきましょう。粗大ごみは1回の申し込みに原則5点までなど決まりがあり、事前に行政の担当課に連絡の必要があります。ゴミの収集の依頼をしないでシールを貼り、集積所に出した場合は不法投棄となることもあるので注意しましょう。シールには氏名や申し込み日時を記入する箇所があります。名前を書いていない場合剥がして勝手に使ってしまうなど盗難にあう恐れもあるので注意しましょう。自宅敷地内の分かりやすい場所か、指定の場所に出しておくようにします。この時シールの金額が足りなかったりすると収集して貰えないので注意が必要です。ほとんどの場合追加申し込みができないようになっているので、1回の収集量が指定数を超える場合は粗大ごみ回収業者に依頼しましょう。

出しちゃダメ!東京都が処分出来ない粗大ごみとは?

東京都で回収できない主なものとして、家電リサイクル法で定められた対象4品目であるテレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機は種類を問わず廃棄できません。買い替えの際には家電販売業者などにリサイクルを依頼しましょう。また、パソコン類は平成15年10月1日以降「資源有効利用促進法」に基づいて、メーカー回収とリサイクルが義務付けられています。平成15年10月以降のパソコンにはPCリサイクルマークが貼付されており、新たにリサイクル料金がかかることはありませんので、適切な処理を心掛けましょう。それ以前のパソコンにはリサイクル費用が必要となります。また、パソコン周辺機器のプリンターやスキャナーなどは通常どおり粗大ごみとして回収が可能となります。

そのほか適正処理が困難なものとして仏壇・オイル入りパネルヒーター・介護ベッド・コンクリート製品などがあります。粗大ごみの取り扱いは各自治体で対応が異なるので、必ず事前に各自治体のホームページで確認しておきましょう。

マナーを守ろう!東京都での家庭ごみの分別の方法とは?

東京都の家庭ごみの分別は可燃ごみと資源ごみに分けられます。可燃ごみの場合指定の袋に水気をしっかり切った状態で、集積場にだすのが一般的です。可燃ごみの中には古紙や段ボールなどの資源ごみが混入しない様に注意しましょう。資源にならない汚れのある紙類や使用済みのティッシュペーパー・クッキングペーパー、衣類やぬいぐるみなどは可燃ごみとして出すことが可能です。また、指定袋にきちんと入る大きさであれば座布団や夏用の掛け布団なども可燃ごみとして出せます。

ペットボトルやビン・缶などの資源ごみはよく洗い、ラベルやキャップを取った上で指定のカゴなどに出します。中身が残らない様に注意しましょう。プラスチックやキャップ・ラベルも資源ごみとなります。油の容器や化粧品の容器などは不燃ごみとなるので注意しましょう。マナーを守って分別を心掛けましょうね。

引っ越しは嬉しいけど、これだけは面倒だと思ってしまうことは?

引っ越しというと、これから始まる新天地での生活に思いを馳せウキウキする人も多いでしょうが、一方で色々と面倒なこともありますよね。もちろん先の楽しみと比べれば些細かもしれませんが、人によっては引っ越し作業を面倒だと感じてしまうかもしれません。そこで引越しに伴う作業で一番面倒なものは何か、気になるその点を100人に聞いてみました。

【質問】引越しで一番面倒だと思うことは?

【回答数】
不用品(粗大ごみ)の処分:11
梱包・荷造り:38
荷解き:13
掃除:5
各種手続き:32
その他:1

細々して面倒!梱包と荷造りはやりたくない!

一番回答が多かったのは梱包・荷造りで38票でした。

・引越し先で開けたときにすぐわかるようにしておきたいので、梱包はリストを作ってしっかりやるようにしています。(50代/女性/会社員)
・引越の時、いつもギリギリまでやっていて、間に合わないことも多々あったのが荷造りですね。(50代/男性/専業主夫)
・細々とした物が多かったので梱包、荷造りに一番時間がかかりました。(20代/女性/自由業・フリーランス)
・いちいちダンボールに入れて荷造りするのがとにかく面倒に感じるからです。(20代/女性/学生)
・キッチンのこまごまとした調理器具や食器、割れ物包みなどは手間がかかります。またデスク周りの事務用品や本・書類も直前まで使うものなどと分けて梱包するので煩わしいです。(40代/女性/パートアルバイト)

家にある食器や本、文房具など細かいものを梱包し、種類別にする荷造りが面倒だという意見が多く見られました。食器などは特に破損しないように丁寧に梱包する必要があるので、手間になりかつストレスの種なのかもしれません。おまけに新生活でもすぐに使うので、わかりやすいうようにしておかないと二重の苦労になる点が厄介なのでしょう。ついぎりぎりまで引き伸ばしてしまったり、整理整頓が苦手な人にとっては大変な作業になってしまうようです。

役所関係の手続きや不用品処分はストレス増大!?

二番目に多かったのは各種手続きの32票、三位は荷解きで13票、4位は不用品の処分で11票、5位が掃除で5票でした。

・平日に休みをとって役場などに行かなくてはいならないので面倒だから。(60代/女性/専業主婦)
・とくに、インターネット系の契約が大変ですから、最近は固定のものはやめてワイファイにしてます。(40代/男性/会社員)
・引越し準備の時は気合いも入っているのでまだ頑張れますが、引越しが終わり新居に移った際の荷解きが1番疲れます。
家具のレイアウトなどにも時間と労力がかかります。(20代/男性/会社員)
・今はどこの自治体もごみに関する決まりが厳しいので、捨てるだけでも大変だから。(60代/女性/専業主婦)
・長年使っていたぶんの汚れを落とすので、とても大変。もともと掃除があまり好きではない。(20代/女性/自由業・フリーランス)

手続きは引っ越す以上避けては通れないものですが、役所関係は融通がきかない上に平日に行わなければいけないのでストレスになりますよね。インターネットも手続きが煩雑ですが、Wi-Fiを利用すれば手間は減らせそうです。荷解きは梱包とセットですが、引っ越しが終わった後だけに面倒さを余計に感じるのかもしれません。不用品処分も役所が絡むので面倒さが強調される一面がありますよね。掃除は苦手な人ほど大変なのでしょう。楽できるものは極力手間を省く工夫を探せば多少楽になりそうです。

任せられるものは業者に任せて手間とストレスを軽減!

アンケートを見ると、とにかく細かいもの、役所関係で決まりがしっかりしてなくてはいけないものの対応が面倒で、ストレスに感じる人が多く居ることがうかがえました。それでもインターネットはWi-Fiにすれば手続きいらずですし、電気やガスの引越し手続きも最近は一括でできるようです。このように探してみればストレスを軽減できる方法は幾つもありそうですね。不用品も粗大ゴミで出すと大変ですが不用品回収業者に任せてしまえば、連絡して取りに来てもらうだけなので、かなり手軽に処分できそうです。
任せられるところは代替手段を使い、ストレスなく引っ越しをするのが今流の賢い引越しとも言えそうですね。

アンケート実施概要

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年01月28日~2016年02月11日
■有効回答数:100サンプル

全ての回答者の声

引越しで不用品として処分するとしたら次の内どれ?

【ベッド】
・リサイクルショップなどでの買取があまり行われていないので、ベッドは処分します。(20代/女性/学生)
・頻繁に引っ越しすることはないので、そういった大きな移動時は心機一転という意味でもベッドも変えます。部屋の大きさなどもありますし。(20代/男性/自由業・フリーランス)
・ベッドは運ぶのが大変であり、引越し費用も高くつきそうなので、引越し先で新しいものを買おうと思う。(30代/男性/パートアルバイト)
・ベッドは住む家の大きさによって最適な物を選んで買っているので、新しい家では合わないことが多いです。これまでの引越しではほとんどの場合捨てて最適なものを買い直していました。(40代/男性/その他専門職)
・ベッドは新居にはいらないと思うので不用品として処分する可能性が高いです。(40代/女性/パートアルバイト)
・タンスなど家具類は引越し先の雰囲気に合わないことが多いので。(50代/女性/自由業・フリーランス)
・ダニやごみを新しい家にベッドとともに持ち込んでしまいそうなので、引っ越しの度に買い替えています。(30代/男性/会社員)
・結構長い期間使ったので引っ越しを機に新しいものに変えたいから。(20代/女性/学生)
・ベッドを引き取ってくれる業者が見つかるかどうか、とても不安に思います。(40代/女性/自由業・フリーランス)
・どれも持って行きたいが、引越し先の部屋寸法によっては、これが一番不要になりやすいと考えたから。(30代/男性/会社員)
・ベッドは大きくでかいので、まずは一番最初に処分したいですね。(10代/女性/学生)
・電化製品はまだ新しいのを買ったら引き取ってくれるところがあるし、まだ使えるものは誰かに譲ったりできるけど、ベッドはそうもいかないし捨てるのがすごく大変。(30代/女性/契約派遣社員)
・引越しで不用品として処分するとしたらベッドなのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)
・基本お布団で寝るので、ベッドの必要性はそこまでないので処分候補に入ります(20代/女性/パートアルバイト)
・新しい所に引っ越しをしたら新たな気持ちを目覚めさせたいと言う気持ちも込めてベッドは買い替える為。(20代/男性/会社員)
・ベッドはかさばるので極力引っ越しの車の台数は少なくしたいので綺麗でも処分します。(40代/男性/無職)
・今は安くて手に入りやすいので、新しい新居には新しい物になるべく買い換えたいから。(20代/女性/専業主婦)
・ベッドが無くても生活ができるので、引越しで不用品として処分するとしたらベッドですね。(30代/男性/会社員)
・家電は案外リサイクルショップなどでお金になるので無料査定などしてもらうのがいいと思います。ベッドはやっぱり知らない人が寝てたものということであまり買取はしてもらえませんので処分しますね。自分でも他人が使ったベッドは買う気がしないので。(40代/男性/会社員)
・引越し先の部屋の間取りに今あるベッドが合うかどうかわからないので、一番廃棄しやすいと思います。(40代/男性/会社員)
・以外と引っ越した先でのイメージと合わないときがあったり買い替えすることが多いのでベッドは処分します。(40代/女性/自営業(個人事業主))
・ベッドは場所をとるし、引っ越し代も高くつくので、古くなったら破棄します。(20代/男性/学生)
・電化製品は壊れたら買い替えるがベッドはなかなか壊れないので新しくする機会がないし、荷物として運ぶのに場所もとるしお金もかかるから。(40代/女性/会社員)
・テレビや冷蔵庫などは高額で買い換えるのはちょっとあれかなと。その点ベッドならまだ大丈夫かなと思いました。(30代/女性/無職)
・だいぶ古くなってきているので、引っ越しを機会に、新しいものに買い替えようと思っているから。(30代/女性/パートアルバイト)
・ベッドは売っても次誰が使うか気味が悪いので捨てると思います。(20代/女性/学生)
・部屋の形によってベッドが入らない可能性があり、買い換える可能性があるから。(20代/男性/自由業・フリーランス)
・一番かさばるので、ベッドでしょうか。ものによりますが、パイプベッドくらいだと捨てます。(30代/女性/会社員)
・私の部屋にあるベッドがガタがきているので、もし引っ越しをするときは処分すると思います。(30代/男性/パートアルバイト)
・新しい部屋などに合わないことが多いので処分することが多いです(40代/女性/契約派遣社員)

【冷蔵庫】
・冷蔵庫ってあまり使っていなくても結構汚くなってしまうものなので、引っ越しの際にはあたらしいものにしたい(40代/男性/パートアルバイト)
・まぁ冷蔵庫は大きいし、新しいやつは省エネなので買い換えますね。(30代/男性/会社員)
・次はもっと広い部屋に住んで、大きいサイズの冷蔵庫に買い替えたいです。(20代/女性/自由業・フリーランス)
・現在使っている冷蔵庫がもう買い替え時なので、引っ越しを気に新調し古いものは処分して新しい冷蔵庫で気持ちの良いキッチンにしたいです。(40代/女性/パートアルバイト)
・冷蔵庫を処分したいです。自宅にある冷蔵庫はだいぶ古いものなので、新しいものに買い換えたいです。(30代/男性/会社員)
・今、もし引越しするとしたら冷蔵庫を処分したいです。もっと大きいのに変えたい他いうのもありますが、汚くなりやすいので変えたいです。(20代/女性/学生)
・水抜きをしないといけないので、持っていくのも面倒くさい。処分した方が楽なので。(30代/男性/その他専門職)

【洗濯機】
・洗濯機は長年使っていれば古くなっているし新しいものに買い換えるからです。(10代/女性/無職)
・今引っ越すとしたら洗濯機です。長く使っているし、新居に運び出すのに追加料金がかかるのでそれなら買い替えです。(20代/女性/専業主婦)
・長年使っていて古いため、新しいものが欲しいため。独身用のサイズなので今後家族が増えたら不便なため。(20代/女性/専業主婦)
・洗濯機です。購入して10年以上使用しているので最近故障がちである為です。(50代/男性/公務員)
・洗濯機は一家に二台は要らないので、実家に帰る引っ越しをしたときには独り暮らしで使っていたものは処分した。(20代/女性/自由業・フリーランス)
・ベランダに設置していましたが最近台風で壊れてしまいました。引っ越しの際には新しい機器の設置の際に処分しなければなりません。(40代/男性/無職)
・もう10年以上使っているのでそろそろお役御免の時期でもありこの際処分です。(60代/男性/無職)
・かなり長く使っているのでそろそろ買い替えたいので引っ越しタイミングで処分したいですね。(20代/男性/自由業・フリーランス)
・大きなものから処分を考えた方が、後々楽だとおもうので。私の家の中では、洗濯機が一番大きいです。(30代/女性/契約派遣社員)
・洗濯機かなぁ、重いしなかなかもっていけないですね、引越し先におく場所問題もあるし(30代/男性/会社員)
・選択槽だけでなくホースまでカビだらけになっているから心機一転で新しいものを買いたいと思ったから。(30代/女性/パートアルバイト)
・もう20年近く使っているので、そろそろ壊れるのではないかと思うから(40代/女性/専業主婦)

【テレビ】
・ベッドはマットレスの処分が面倒でできるなら引っ越しの時に処分したい。(20代/男性/会社員)
・テレビはどうせ引越しをするなら新しい環境にあった新しいものが欲しいから(20代/女性/学生)
・新しい環境になったら、テレビも最新のものを買いたいので、古いのは処分したいです。(50代/女性/会社員)
・今も、ケーブルテレビ回線経由でブラウン管テレビを使用しているため。(30代/男性/自営業(個人事業主))
・新しいテレビで気分一新したいし、大きなサイズのテレビがほしいので。(30代/男性/パートアルバイト)
・長くつかっているので、思い切って買い換えたい。無くても暫くは困らないと思うので(30代/女性/パートアルバイト)
・いらない情報ばかり流れているし、不安を煽るニュースなどが何度も繰り返し流れているから。(20代/女性/無職)

【タンス】
・新居などにはクローゼットが設置してある場合が多いのでタンスは不要だと思います。(30代/女性/専業主婦)
・引っ越し先の収納がどうなっているか次第ですが、場所を取るので処分しようと思います。(30代/女性/専業主婦)
・今どきのマンションはクローゼットや収納が充実しているので必要ないから。(60代/女性/専業主婦)
・タンスは、引越し先の間取りによって、サイズが厳しかったりするので、思い切って処分します。(30代/女性/会社員)
・使っていないタンスがありますが、面倒で処分していません。引っ越しは絶好のチャンスだと思います。(40代/女性/自営業(個人事業主))
・フランス人のように気に入った服だけ持つようにしたいので、タンスがなくなれば服も捨てられる(20代/女性/パートアルバイト)
・引越し先の収納状況にも左右される物のため、タンスの処分を検討すると思う(20代/男性/会社員)
・引っ越し先で新調したいから。買い替えだと処分料がかかるけど、業者さんに任せたら他のと一括で処分なので面倒じゃない。(40代/女性/専業主婦)
・タンスは相当古いものなので、引越しを機に捨ててしまうと思う。(20代/男性/パートアルバイト)
・その家その家の壁紙やサン、使っている木目などに合わせてコーディネートしたいので、タンスが不用品となる可能生が高いと思います(30代/女性/パートアルバイト)
・古いタンスが一つあります。でも必要なものなのですが、思い切って処分はしたいと思ってはいます。(50代/女性/パートアルバイト)
・引越す時はある程度荷物を整理するので大きな荷物となるものは処分します。(30代/男性/会社員)
・次の住居のサイズや雰囲気に合うかわからないし、引っ越した当日に無くても他の物ほど困らないだろうから。(30代/女性/専業主婦)
・新居では収納スペースがたくさんあったりしてタンスなどは場所をとることが多いから。(20代/女性/学生)
・かなり古いタンスがあり、なかなか処分が出来ないので引っ越しの時がいいタイミングと思うので。(40代/女性/パートアルバイト)
・クローゼットや収納スペースに収まるように物を整理してすっきりしたいから。(60代/女性/専業主婦)
・クローゼットが作り付けのところが多いので、なくても困らないから。(40代/女性/無職)
・収納関係もあってタンスの処分が希望かもしれないですね。家具は部屋に合う合わないもあるから(30代/女性/専業主婦)
・電化製品は10年は使うが、タンスは新居の大きさによって変えたいので処分します。(20代/女性/専業主婦)
・引っ越し先の収納次第で不要になるから。サイズも変わるので買い替えする。(40代/男性/会社員)
・ウォクインクローゼットなど備え付けの物があるから、タンスは必要がなくなると思うから(30代/女性/専業主婦)
・不要なタンスは引っ越しの際、思い切って処分したいと思います。(40代/女性/専業主婦)
・引っ越し先では大きさが合わなくて入らなかったりするので、タンスはその場で処分してもらえると楽である。(20代/女性/専業主婦)
・引越し先に収納が需実している部屋であれば、タンスが不要になることが多いため。(50代/男性/会社員)
・新しいところの雰囲気に合わないタンスは処分しています。電化製品はまだ使えるものなら持っていきます。(30代/女性/会社員)
・引越しで不用品として処分するとしたらタンスなのではないかと思います。(50代/男性/会社員)
・持ち運びが大変なので、古いものを持って行くくらいなら新しいものに買い替えたいと思うから(20代/女性/学生)
・タンスの中の荷物を整理しつつ、タンス自体のサイズを変更したいと考えています。(20代/男性/パートアルバイト)
・実際自分の引っ越しをして感じたのは、最近の部屋は、クローゼットなどの収納が充実しているので、タンスを置く必要がなくなってしまった。また、部屋の形などでスペースが狭くなってしまうので、不要かなと思う。(30代/女性/パートアルバイト)

【その他】
・持っていけるものは全部持っていくので処分するものはとくにない(20代/男性/会社員)
・その時々で変化します。古くなったもので、新しいものが欲しい時に処分します。(40代/男性/自営業(個人事業主))
・子供が生まれた年にいただいた、ガラスケース入りの羽子板、これがインテリアに合わないのに、場所をふさいでいます。親のプレゼントだったから、捨てられなかったけど、次の引っ越しの時なら、処分する決心ができるからです。(50代/女性/専業主婦)
・使えるものは必ず持っていくので、原則処分が発生しないように購入時に考えます。(40代/男性/会社員)
・基本的に、引っ越しだからといって家財道具を処分することはないですね。キッカケにはならないです。(50代/男性/専業主夫)
・前回の引っ越しでは処分するものは何もなかったが、次回の可能性としては、タンス・食器棚・サイドボードなど大物家具を処分したいと思っている。(40代/女性/専業主婦)
・次の部屋にそぐわないものかと思います。壊れてたり入らなかったりといろいろ(30代/女性/パートアルバイト)
・2~3年以内に買い替える予定となりそうなものを思い切って処分します。(50代/男性/会社員)
・基本的に壊れていない限りは引越後も使うので引っ越しの際に処分するものはありません。(50代/男性/自由業・フリーランス)
・不用品で処分するものは、この中にはありません。使えるものは使うしとりあえずすべて持って行く。(40代/男性/会社員)
・ソファー。大きめのソファーを買ってしまい、模様替えで動かしたい時に動かしにくいのと、分解しないと家から出せないから。(30代/女性/専業主婦)
・壊れたPCはとっととリサイクルで、お金を払わなければならないのだからこそ持っても行けないが引き取らせられない(40代/女性/無職)
・使えるものならなんでも使いたいと思っています。もしどうしても使えないようならその品は処分しますが。(30代/男性/パートアルバイト)
・種類に限らず、「使い古して寿命をまっとうした」と思える物を処分します。(40代/男性/会社員)
・ソファ。部屋によって雰囲気を変えたいから。ソファでかなり雰囲気が変わるから。(30代/女性/専業主婦)
・きにはサクサクっと勢いがあるけど、「解きながら片づけて~」なんて考えるもんだからなかなか進まず…面倒臭い。(40代/女性/専業主婦)
・一気に荷解きをしてしまわないと面倒くさくなってしまい、開けずにそのままになってしまいます。(20代/女性/無職)
・引越し準備の時は気合いも入っているのでまだ頑張れますが、引越しが終わり新居に移った際の荷解きが1番疲れます。あとは、荷解きの際に引越す前とのイメージの違いなどで家具のレイアウトなどにも時間と労力がかかります。(20代/男性/会社員)
・荷解きは何がどこにあるのかとかわからなくなるので困ると思います。(20代/女性/学生)
・荷解き後のレイアウトで結構長い時間生活するので気を使って荷解きをします。(50代/男性/自由業・フリーランス)
・片付けが下手なので、荷解きはとてもストレスになります。できればダンボールに入れっぱなしにしたい。(40代/女性/パートアルバイト)
・引越しで一番面倒だと思うことは荷解きでしょうね、荷解きせずにほっとくなんてよくあること(30代/男性/会社員)
・必要な物だけ先に荷解きしがいがちだけど、荷解きを先延ばしにしてしまうと絶対片付かないので1日で終わらせるつもりでやる。(40代/女性/専業主婦)
・荷づくりは日にちが決まっていて頑張りますがその頑張りで疲れてしまいとてもつらい(40代/女性/契約派遣社員)
・引っ越し自体が終わってしまうと気持ちが落ち着いてしまって荷解きの気力が湧かないから(40代/女性/専業主婦)
・荷解きは少しずつ片付けながら行わなければならない為、この中だと一番手間がかかる(20代/男性/会社員)

【掃除】
・綺麗に見えても、自分が思っていた以上に汚れている箇所があるので部屋全体の掃除が大変です(20代/女性/パートアルバイト)
・前室の掃除、特にキッチン、トイレ、洗面台、風呂などは、掃除がとても大変だといつも思います。(20代/男性/学生)
・家具がなくなると部屋の中も汚れがひどく感じてしまうと思うので、隅々まで綺麗にするのは面倒に思います。(50代/女性/パートアルバイト)
・家具を除けたあとの掃除が面倒。日頃、目にしていなかったり見て見ぬふりをしていた場所を掃除をしなければならないのが精神的にも体力的にもきついから。(40代/女性/会社員)
・長年使っていたぶんの汚れを落とすので、とても大変。もともと掃除があまり好きではない。(20代/女性/自由業・フリーランス)

【各種手続き】
・引っ越し業者の選定含め、さまざまな手続きが煩わしいです。作業自体は苦になりません。(40代/男性/会社員)
・色々と段取り良くやらなければいけないことが多く、面倒だと思う。(20代/女性/学生)
・引越しで一番面倒だと思うことは、各種の手続きですね。住所変更などやらなければいけないことがたくさんありすぎて面倒くさくなります。(30代/男性/会社員)
・とくに、インターネット系の契約が大変ですから、最近は固定のものはやめてワイファイにしてます。(40代/男性/会社員)
・手続きの中には重要なものもあったりして忘れていないかどうか心配になることもあるから。(30代/女性/専業主婦)
・平日に役所など様々なところに足を運ばなくてはならないので面倒です。(30代/女性/会社員)
・役所に行ったり、電話がとにかく面倒。時間がかるけれどやらないわけにはいかないし(20代/女性/パートアルバイト)
・知らない街などであれば、まず役所の場所を把握しなければならない上に、開いている時間や曜日に制限があるから。(30代/女性/専業主婦)
・住所変更するものが多すぎて大変です。公共料金だけでなく、免許や保険関係やら多岐にわたるので面倒ですね。転送の手続きもしないとだし知人にも周知しないと年賀状など届きませんからね。(40代/男性/会社員)
・市役所に行くのが面倒だし、書類を書くのがとても大変だと思います。(30代/男性/パートアルバイト)
・ライフラインの変更はネットでできるのでまだ面倒ではありませんが、住民票などの手続きは役所が平日しか空いていないので面倒です。(30代/男性/会社員)
・これらを一気に全部しないといけないから、引っ越しは面倒くさいのである(40代/女性/無職)
・色々な機関や会社に手続きをするのが面倒。後回しにも出来ないし、わざわざ出向かないといけないものは特に面倒(30代/女性/パートアルバイト)
・様々な手続きは本当に面倒だな、と感じます。DMが届くたび、ここも変えておかなければいけないなーと思ったり、うまく連絡がいかず電話がかかってきたりするときに面倒を感じます。(30代/女性/パートアルバイト)
・平日でないとできない手続きもあるので、そのために会社を休まなければならない。市役所が家から遠いと時間がかかる。(20代/女性/専業主婦)
・荷造りなどは楽しく作業することができるが、文書や相談などをする手続きはとても面倒くさいなと思います。(20代/女性/学生)
・1か所で済まないのでこれが一番面倒なことだと思います。一括で出来ればいいのに(30代/女性/パートアルバイト)
・平日に休みをとって役場などに行かなくてはいならないので面倒だから。(60代/女性/専業主婦)
・各種手続きが大変。電気、ガズとか水道とか結構めんどくさいし。(30代/女性/専業主婦)
・物の出し入れより、免許の住所変更や役所に行かないといけない手続きは、休日にできないので面倒だ。(30代/女性/専業主婦)
・ガス会社の解約は電話だけではなく、立会いでガス栓を閉めなければならないので面倒です。(30代/男性/会社員)
・諸々の手続きはかなり時間を取られるイメージがあります。役所にいけば並ばなくてはいけないし、細かく手続きしなくてはいけないことも多いので面倒です(30代/女性/パートアルバイト)
・引越をすると、いろいろと手続きすることがあり、面倒だなって思います。(40代/女性/会社員)
・引っ越しの住所変更や引っ越しを友人知人に知らせる作業が大変である。(20代/女性/専業主婦)
・役所への届け、郵便物、銀行、その他数が多く、漏れなくしないといけないのが面倒です。(40代/女性/会社員)
・住民票の移動とか、運転免許証の住所変更など、手続きでいろんなところに行かなくてはいけないのが面倒。(30代/男性/パートアルバイト)
・梱包や片付け掃除は次の生活へのステップアップと思いながらできるから、大変と思う事はあまりないですが、手続き関係は引っ越すところと引っ越す先でもしなくちゃいけないので、大変だと思います。役所だけでなく保険から銀行から何かと公的な書類の変更の多さに単身ならまだしも家族単位になると気が遠くなります。(40代/女性/専業主婦)
・連絡不足で基本料金などが請求されたり、近所だったらまだしも遠くなら役所関係の手続きが本当に面倒。(40代/女性/自営業(個人事業主))
・このごろは業者さんがかなりの事まで引き受けてくれますが各種手続きはそうはいかないので面倒です。(60代/男性/無職)
・引っ越し自体はそこそこ慣れているので苦ではないのですが、手続きになると待たないといけなかったり、自分のタイミングで動けないので。(30代/女性/パートアルバイト)
・初めてだと手続きもどうしていいか分からずとても大変だったから。(20代/女性/学生)
・各種手続きが一番面倒です。各業者ごとに対応しなくてはならないからです。(40代/男性/会社員)

【その他】
・荷造り、梱包や、荷解き、掃除は、業者に頼めばやってもらえますが、重要書類や貴重品をまとめ、すぐに使うものは何かを考え、日取りを決めたりの、人にたのめない段取りを考えるのが一番大変です。(50代/女性/専業主婦)

東京都(自治体)の粗大ごみの取り扱いについて

粗大ごみの取り扱い





不用品回収の手順

かたづけステーションでは、以下の流れで迅速・丁寧に対応いたします!

ブルー三角

片付いた部屋のイメージ1 解決! 片付いた部屋のイメージ2

メールで問い合わせる

ページの先頭にもどる