新宿区の粗大ゴミ回収処分はお任せください!

かたづけステーション ちょい捨てプラン 積みホーダイプラン 法人向けおかたづけ
かたづけステーション ちょい捨てプラン 積みホーダイプラン 法人向けおかたづけ

ちょい捨てプラン

積みホーダイプラン

メールで問い合わせる


新宿区の不用品回収

不用品回収


サービス内容

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

回収できるもの

家電 家具類 日用品
テレビ、ビデオ、コンポ、コタツ、エアコン、冷蔵庫、扇風機、炊飯器、照明、パソコン、洗濯機、ラジカセ、レンジ、暖房器具、時計 机、テーブル、椅子、カラーボックス、物置、タンス、鏡台、ベッド、洋服ダンス、本棚、ソファー、下駄箱、食器棚、サイドボード、テレビ台 布団、衣類、本、雑誌、生活ゴミ、食器、調理器具、座布団、筆記用具、ファイル、カーペット、ビン、カン、混合ゴミ
オフィス用品 書類 その他
パソコン、ノートPC、コピーボード、カラー複合機、無停電装置、事務机、PCデスク、会議テーブル、事務イス、ベンチ、書庫、ロッカー、OAラック、応接セット、空調機器 機密書類、DM・チラシ、ファイル、雑誌、新聞、パンフレット、本類 自転車、バイク

事業所の多い新宿区!そこで活躍する「不用品回収業者」について

東京都23区の中でも華やかな存在である「新宿区」。住む場所といったイメージより、多くの商業施設が集まるにぎやかな場所です。

たくさんのオフィスがあるのはもちろん、歌舞伎町をはじめとする繁華街や新宿駅をはじめとする大規模商業施設など。日々小さな小売店が移転を繰り返していることもあり、毎日のように「引っ越し業者」や「不用品回収業者」を見かけます。

一般家庭では出にくい「特殊なごみ」や「専門業者の不用品」などを毎日排出している新宿区。その多くは専門の不用品回収業者にお願いしないと、事業所の移転などはむずかしいようです。また多くの人口が住んでいる街でもありますので、一般家庭にとっても不用品回収の業者さんは心強い存在です。今回はそんな新宿区と不用品の関係について見ていきましょう。

オフィスごみに飲食店ごみ…新宿区ならではの不用品がいっぱい!

日本を代表する地区である「新宿区」。駅周辺には大手のデパートが立ち並び、巨大な商業地区が存在する新宿区には、多数の商店や飲食店が乱立しています。また、「歌舞伎町」という都内最大の歓楽街があることから、そこから排出される不用品回収の件数は膨大なものです。 そこから出る不用品の多くは破棄されることになりますが、似たようなお店が多い新宿では専門業者に不用品を買い取ってもらい、その不用品を別のお店が安く買い取るといったことも珍しくありません。

また西口の副都心地区では、オフィスから大量の廃棄書類や事務用品といったものが排出されます。こうした不用品も専門業者が買い取り、「中古オフィス家具」として転売されることもあります。

行政に頼んで不用品を処分してもらうのではなく、ここでは多くの「民間不用品回収業者」が活躍しているのです。行政に委託するよりもコストが掛からず、時間も手間も省ける場合が多いので、民間業者の利用者は日に日に増えています。

新宿区「行政」が対応可能な粗大ごみとは

そんな大規模な街新宿区ですから、行政の方もゴミ対策には力を入れています。大型の家具などで30センチ以上あるものは「粗大ごみ」として行政が対応してくれます。ネットや電話で申し込み、粗大ごみシールを貼って決まった時間や場所に出すという方法は、おおむね他の自治区と変わりはないでしょう。出して良い不用品も「小型家電」「家具」など、家庭から出た一般的な不用品となります。

しかし注目すべきは「家庭から出た粗大ごみだけ」と言っている点です。たとえ30センチ程度しかない小さな粗大ごみでも、「飲食店」や「オフィス」などの事業所から出たごみであれば許可を受けた専門業者に依頼する必要があります。ここを強調しているのが新宿区ならではと言えます。また粗大ごみを出すときに、そのごみに紛れて他のごみも出すというマナーの悪さも目立ちます。そのため新宿区では粗大ごみを出す際、しっかりと名前や部屋番号などを明記することを強調しています。

家庭ごみでも「新宿区で処分できない粗大ごみ」はあります

しかし家庭から出たごみでも粗大ごみとして行政が対応してくれないものもあります。

その代表的なものがエアコン、テレビ、冷蔵庫・洗濯機などの大型家電。それとパソコンは、家電リサイクル法により「粗大ごみ」として出すことは出来ません。

また新宿区では「自転車、オートバイ」の回収も行っていません。新宿では全国的にも有名な「放置自転車、バイク」が多いところ。集合住宅での大家さんたちはこの問題に頭を抱えている人も少なくないようです。しかし新宿区粗大ごみ受付センターに問い合わせをすると、事業所を紹介してくれるようです。

このほかにもピアノや耐火金庫など、新宿区が対応できない粗大ごみというのはたくさんあります。しかしいずれも「民間業者」にお願いすれば相談に乗ってくれる業者も多いので、新宿区に住んでいる人も行政に頼らず、民間に委託して粗大ごみの処分をお願いしている家庭が多くあります。

意外と簡単!?新宿区でのゴミ出しルール!

最後に新宿区のゴミ出しルールについて見てみましょう。

意外と知られていないのですが、新宿区のゴミ出しは23区の中でも「簡単」と言われています。まず収集曜日は次の3つに分かれています。「燃やすごみ」「金属、陶器、ガラスごみ」そして「資源ごみ」です。

一般的に金属やガラスごみというのは毎日出ないものです。なので「燃やすごみ」と「資源ごみ」を覚えておけば簡単にゴミ出しのルールを覚えることができます。

まず「燃やすごみ」は、生ごみ、紙くず、ストッキングなどの布きれ、おむつなどが挙げられます。

そして「資源ごみ」ですが、ビン、かん 、ペットボトル、古紙、容器包装プラスチック が挙げられます。これらをそれぞれ分別して袋にわけて出せば良いのです。

人口密度の多い新宿区では、細かなゴミ出しルールを設けるのが難しいのです。ましてや最近の外国人増加に伴い、ゴミ出しルールを簡素化し、積極的に「ごみを簡単に捨てよう」と呼びかけています。

綺麗な街づくりのためには、歓楽街に落ちているごみを拾うボランティアの方たちのありがたい存在があります。

また大きな目で見ると、引っ越しや事業所の移動が激しいこの街には「民間不用品回収業者」が絶対的に必要なのです。

これ使ってないけど…不用品なのに処分できないものって何?

生活を営んでいれば、衣類や家電、家具などが少しずつ増え、気づくと多くの“もの”に囲まれていた…そんなことってありますよね。なかには使わなくなって納戸や物置にしまいっぱなし、ということも結構あるかもしれません。
この不用品と分かっていても、処分できずに放置しているものって一体どんなものが多いんでしょうか?そして、それはなぜ置きっぱなしになるのか、100人の方にアンケート調査をしてみました。

【質問】不用品とはわかっていてもどうしても処分できないものは何ですか?

【回答数】
電化製品:13
家具:5
遺品:17
アクセサリー:13
人からもらったもの:52

思い出がこもっていればこそ!半数の人がもらったものと回答!

一番多かった回答が「人からもらったもの」で、52人と半数を超えていました。

・今はまったく付き合いはないのだし使うこともおそらくないものなのだが、なんとなく気が引けてしまって捨てられない(40代/男性/パートアルバイト)
・人からもらった物は壊れていても、思い出があるので捨てられずにいる物があります。(20代/女性/学生)
・何となくですが、懐かしい思い出だから、後は押入れの奥にあるため、面倒だからです。(30代/男性/自営業(個人事業主))
・私の事を思って、選んでくれたものだと思うと、不用品だと思っていても処分できません。(40代/女性/無職)

人からもらったものは、それぞれ大切な思い出があり、使うことがなかったり壊れてしまっても捨てられずにいるようです。相手の気持ちを考えると、簡単に割り切れない様子がうかがえました。逆に、自分が相手を思い贈ったことがあれば、尚更その気持が分かるのかもしれませんね。
また、その気持ちと相まって一旦押入れや納戸の奥に保管してしまうと、わざわざ引っ張り出し処分する気にならないようです。

不用だとしても“処分できない”ものには理由があった!

そして、二番目に多かったのが「遺品」の17人、「電化製品」と「アアクセサリー」が共に13人で続き、「家具」の5人の順となりました。

・祖母が使っていた大きなミシン。自分では使わないけどどうしても捨てられなくて、困っています。(20代/女性/自由業・フリーランス)
・リサイクル料金がかかることや電気屋へ行かなくてはいけないと思うと足が遠のいている。(30代/女性/その他
・アクセサリーはその時の流行りなどもあって結構持っているのですが、全然身につけることがなくなっても捨てられません。アクセサリーは小さいものなので、場所をとらなく保管できているので、そのせいもあるのかとも思います。(50代/女性/パートアルバイト)
・家具は捨てるのに困るから、処分できないですね、運ぶのも大変だ。(30代/男性/会社員)

故人の思い出の品である遺品は、たとえ使わないものであっても、故人との繋がりを感じるものなので、捨てられないというのも頷けますよね。
一方、電化製品は処分するのに費用がかかったり、店舗に持ち込む面倒さから放置してしまう傾向にあるようです。それでも、壊れてしまえば諦めもつくかもしれませんが、旧式なだけで使えれば取っておくこともあるかもしれませんね。
アクセサリーは場所を取らず保管できたり、家具は運搬に手間がかかるなど、“処分できない”ものにはそれぞれ理由があるようです。

思い出の品は捨てられない…でも別な理由で処分してないだけなら

不用品であっても処分できないものとして、「人からもらったもの」を挙げた人が半数以上と、最も多い結果となりました。贈り主の気持ちを考えると、単なる“もの”として見ることはできないようです。それは、遺品についても同様な傾向があるようですね。
アクセサリーは、保管に特に邪魔にならないこともありますが、電化製品や家具に関しては処分したくても手続きや運搬の面倒さがネックになっている様子がうかがえました。
部屋のスペースをムダに占有している不用品で、もし面倒さから放置しているものであれば、電話一本、メール一通で回収業者に依頼してみるのも良いかもしれませんね。

アンケート実施概要

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年01月28日~2016年02月11日
■有効回答数:100サンプル

全ての回答者の声

不用品とはわかっていてもどうしても処分できないものは何ですか?

【電化製品】
・物によってはまだ使えそう、使えるので捨てるのは勿体ないと思うからです。(30代/女性/無職)
・昔使っていた携帯電話、ずっと身につけていたのでどうしても処分することができません。(40代/男性/会社員)
・リサイクル料金がかかることや電気屋へ行かなくてはいけないと思うと足が遠のいている。(30代/女性/その他専門職)
・もらい物の電化製品を、いつか使うかもしれないと思って捨てられません。(50代/女性/自由業・フリーランス)
・もう使わないのものだけど、まだ使えるものはもったいない意識が働いてどうしても処分できず…(30代/女性/契約派遣社員)
・自分が電気技師のため、バラックとして部品を取るのに後で使用できそうなので。(50代/男性/会社員)
・昔買ったでかいスピーカーが25kgもあって運ぶ気にならない。(50代/男性/自営業(個人事業主))
・まだ何かあってときに使えるのではないかと思ってしまうからです。(40代/男性/会社員)
・電化製品は今いらなくても、将来的につかうかもしれないでの処分に躊躇します。(40代/男性/自営業(個人事業主))
・まだ使えると思って、もったいないから。電化製品はリサイクル法で処分するのにも費用がかかるから。(20代/女性/専業主婦)
・昔使っていた携帯電話、ずっと身につけていたのでどうしても処分することができません。(40代/男性/会社員)
・できるだけ処分したいと思っていますが、バージョンアップが早すぎるので。(40代/女性/その他専門職)
・いつか出番があるかもしれないし、まだ動くうちは使えると思ってしまうから。(60代/女性/専業主婦)

【家具】
・電化製品を引き取ってくれるところは多いのですが、家具は少ないためです。(40代/女性/自由業・フリーランス)
・家具はむしろどうやって処分すればいいのか分からないので、面倒くさいです(30代/女性/会社員)
・家具は捨てるのに困るから、処分できないですね、運ぶのも大変だ。(30代/男性/会社員)
・今はクローゼットとかがあり、家具はほとんど必要ないのかもしれない、と思いながらもなかなか捨てられません。(30代/女性/無職)
・家具は意外と思い入れがあるものが多いので、なかなか処分できないですね。(30代/男性/会社員)

【遺品】
・それほど信心深い方ではないけれど、故人の思い出もあるし、処分する気にはなれない。(30代/男性/自営業(個人事業主))
・思い出のものは処分は出来ないでしょう、そもそも不用品でもないし。(30代/男性/会社員)
・祖母が使っていた大きなミシン。自分では使わないけどどうしても捨てられなくて、困っています。(20代/女性/自由業・フリーランス)
・遺品は一度手放すと二度と戻ってこないし、その人の思いがこもっていると思うから。(40代/女性/会社員)
・不要品となった場合その他の選択肢の物は処分できるが、遺品はなんだかぽいっと捨てられない(40代/女性/専業主婦)
・おじいちゃんの形見は、全然使わずはたから見れば不用品ですが、絶対に捨てられません。(30代/男性/会社員)
・どうしてもいざ捨てるときになると、その人との思い出やぬくもりを思い出してしまうため。(20代/女性/パートアルバイト)
・強いて挙げれば、遺品でしょうか。親戚がなくなったとき、一緒に撮った写真は捨てることができません。(40代/男性/会社員)
・絶対サイズが合わない服。兄から母親の形見だから言って3Lの服を渡されたけど、7号サイズの私には着れません。(50代/女性/専業主婦)
・不用というわけではないが、亡き友だちからもらった編みぐるみ。(40代/女性/専業主婦)
・おばあちゃんの遺品は、捨てることができないです。とても思い出があるので。(30代/男性/パートアルバイト)
・大量のCDとステレオ、つなぐにもコンセントが足りないのと、配線が大変。(40代/女性/無職)
・遺品は、捨てるのはいつでもできるけど、変わりになるものがない。簡単には捨てられない。(40代/女性/専業主婦)
・遺品は、どうしても処分できません。物や服など、残されている遺品には思い出があり処分できないから。(40代/女性/パートアルバイト)
・祖母などにもらったものなどは中々処分することができないのがつらいです(40代/女性/契約派遣社員)
・捨てたくないものだし、別に捨てなくてもいいなと思うからです。(20代/女性/学生)
・祖母の形見。大好きな祖母との思い出もあるし、形見を持っている事で祖母が見守っていてくれてるような気がするから。(30代/女性/専業主婦)

【アクセサリー】
・どうせなら換金したいと思いますが、そうそう価値が付きませんし、かと言ってゴミにするのも気が引けるし…。(40代/男性/会社員)
・アクセサリーの中には高額のものもあるので、捨てられないです。(10代/女性/無職)
・高いお金を払って買った物なので、そう簡単には捨てられない物だから。(40代/女性/無職)
・なんだかアクセサリーは捨てられないかもしれないです。もらったものとか自分でお金出して買ったものとか。。。(30代/女性/専業主婦)
・アクセサリーはその時の流行りなどもあって結構持っているのですが、全然身につけることがなくなっても捨てられません。アクセサリーは小さいものなので、場所をとらなく保管できているので、そのせいもあるのかとも思います。(50代/女性/パートアルバイト)
・すでに、つけないアクセサリーでもなかなか思い出があるため捨てられません。(50代/男性/公務員)
・自分では身につけないのに、見た目が綺麗なのでどうしても捨てるのに困ってしまいます(20代/女性/パートアルバイト)
・場所をとらないので、つい捨て悩んでしまう。あとから使うかもしれない、とか、もしかしたら高値でいつか売れるかも?とか思ってしまう。(30代/女性/パートアルバイト)
・それほど価値がないものであっても形見分けでもらったものが多いので。(50代/女性/専業主婦)
・小さいものは収納できるので、なんとなく捨てずにとってあるから。(40代/男性/会社員)
・こまごまして収納していても使わないものも多いのですが、気に入ったものや特定の洋服によく似合うアクセサリーがあると使うかもと思って何となく手元に残しておきます。(40代/女性/パートアルバイト)
・アクセサリーはどんどん溜まっていく一方なんだけどなんだか壊れない限り捨てられない(20代/女性/学生)
・アクセサリーはまた使いたいときがくるかもしれないかとおもうと、なかなか捨てられない。(30代/女性/専業主婦)

【人からもらったもの】
・やっぱり思い出のあるものは処分に困りますね。服などとくに全然着なくなったものでも、記念日なんかに貰ったものだとなかなか捨てられません。(40代/男性/会社員)
・自分の好みの物じゃ無いが、よく家に来る親戚から貰った物なのでなかなか捨てにくい。(20代/女性/無職)
・人からもらったものは、本当にボロボロになるまで使ってしまう傾向にあるので。(20代/女性/学生)
・人からもらった物には、人の気持ちも入っている気がして、捨てるのは罪悪感があるからです。(30代/女性/会社員)
・思い出や気持ちがつまっているので、あまり使用しないものでも、捨てられないです。(30代/女性/契約派遣社員)
・異性からかなりの数のプレゼントをもらったのですが気持ちがこもっているので捨てられない。(40代/男性/無職)
・不用品とわかっていても、人からもらったものはその人のことを思うとなかなか処分できません。(30代/男性/会社員)
・色々と思い出とかあるので捨てるに捨てづらくて処分できずに持っています。(50代/男性/自由業・フリーランス)
・人からもらったものは捨てたら悪いような気がしてなかなか捨てられない。(20代/女性/学生)
・やはり、その人が訪ねてきたらとか、もらったものの事を聞かれたらとか考えると簡単には処分できません。(40代/男性/会社員)
・おふざけでもらったどうでもいいものとかですね。捨てようにもせっかくもらったし…と思い捨てれません。(20代/女性/学生)
・壊れてしまえば諦めがつくんですが、壊れるまでは処分できずにずっと持ち歩いてしまいます。(40代/男性/会社員)
・人からもらった旅行先での民芸品や、知人が描いた趣味の絵画など、処分したくてもなかなかできない。(40代/女性/専業主婦)
・自分では使わなくても、捨てずに持っていないと何か悪い気がしてしまいます。(30代/男性/契約派遣社員)
・タンスやクローゼットの奥にしまわれたままになって捨てたいけど、なかなか捨てられません。(30代/女性/専業主婦)
・千羽鶴などは、かさばりますがなかなか捨てることができずにいます。(40代/女性/無職)
・どちらかというと、人からもらったものなのではないかと思います。(50代/男性/会社員)
・何となくですが、懐かしい思い出だから、後は押入れの奥にあるため、面倒だからです。(30代/男性/自営業(個人事業主))
・どんなにいらないものでも罪悪感の様なものがうまれてしまい捨てられません。(20代/女性/専業主婦)
・人からもらったものが、いい思い出があるものなら、処分出来ないから。(50代/女性/無職)
・くれた人に申し訳ないから。万が一捨てたのがバレたり使っていないのがバレたら印象が悪いため。(20代/女性/専業主婦)
・自分にとって、もう使わなくなったものでも、人からもらったものは、もらった人に悪い気がして、処分したくても、なかなか処分できないから。(30代/女性/パートアルバイト)
・その人との思い出があって、なんとなくずっと取っておきたいから。(60代/女性/専業主婦)
・義母からもらったセーターを捨てられません。サイズも好みも合わないのですが、捨てるのに忍びなくて箪笥の奥で眠っています。(50代/女性/会社員)
・大切な人や親友からもらったモノは壊れたりしているものでも捨てられません。(40代/女性/パートアルバイト)
・くださった方の気持ちまで捨てるような気分になるので、要らない、使わないと思っていてもとっておいてしまう。(30代/女性/パートアルバイト)
・人からもらった物は壊れていても、思い出があるので捨てられずにいる物があります。(20代/女性/学生)
・数年前の誕生日プレゼントなどはほとんど使っていないのですが、もらいものだと思うと引け目を感じてなかなか捨てることができません。(20代/女性/無職)
・くれた人の気持ちを考えてしまうと、その人の顔が思い浮かんで、なかなか処分できないから。(30代/男性/会社員)
・「あれどうなってる?」などと聞かれた時に捨てているとどうしようもないから(20代/男性/パートアルバイト)
・親友や彼氏から誕生日にもらったものはなかなか捨てられないから。(20代/女性/会社員)
・不用品とはわかっていてもどうしても処分できないものは人からもらったものなのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)
・人からもらったものは処分しずらいですよね。気分的に罪悪感を感じます。(30代/女性/パートアルバイト)
・友達から出産祝いで、子供のおもちゃをいただきました。一年ほどで使わなくなりましたが、今だに処分できません。(40代/女性/専業主婦)
・人からもらったものには思い出がつまっていたりするし、その人が家に来たときに目にして、もし利用していなかったら失礼ではないかと心配になってしまうから。(20代/女性/学生)
・人からもらったものを捨てるのは悪い気がするので、なるべく人から物をもらわないようにしている。(30代/男性/その他専門職)
・せっかく人から貰ったものなので古くなったり痛んでいたりしても捨てるのも申し訳ない気持ちになってなかなか捨てられない(20代/女性/学生)
・やっぱり人からもらったものなので、なかなか捨てれないしどうしていいかもわからない(20代/男性/会社員)
・昔人からもらって、今は明らかに要らないものでも、中々捨てることができません。(30代/男性/パートアルバイト)
・人からもらったものは、その人の気持ちがこもっているから、どうしても捨てることができない。(20代/女性/自由業・フリーランス)
・絶対に使わないものなどは処分に困ります。捨てるのはプレゼントしてくれた人に悪いので出来ません(30代/女性/会社員)
・人からもらったものは、自分の欲しいものではないので使わないが、どうしても捨てづらいからです。(20代/女性/学生)
・人からもらったもの、特に、元カノからもらったもの、手作り系のものは捨てられないですね。(50代/男性/専業主夫)
・もう会うこともない人だし、いらないものだけどどうしても捨てにくい。(30代/女性/自由業・フリーランス)
・私の事を思って、選んでくれたものだと思うと、不用品だと思っていても処分できません。(40代/女性/無職)
・親からもらった小物類は、使う機会が全くありませんが、絶対に捨てようとは思いません。(20代/男性/学生)
・今はまったく付き合いはないのだし使うこともおそらくないものなのだが、なんとなく気が引けてしまって捨てられない(40代/男性/パートアルバイト)
・その人との思い出が詰まっているものは、やはり捨てにくいです。(20代/女性/無職)
・どんな気持ちで選んでくれたのかな?と、思うとついついタンスの奥などにしまってしまいます。(20代/女性/専業主婦)
・電化製品や家具とはべつに人から貰ったものは申し訳ないと感じることがあるから。(30代/男性/会社員)
・人から貰ったものだとどうしても躊躇してしまうし貰った側の悲しい顔が浮かぶため。(20代/男性/自由業・フリーランス)
・想い出としてあるものに関しては、捨てないです。特に、もらいものは。(40代/男性/自営業(個人事業主))

新宿区のお客様事例

【新宿区高田馬場 複数家財の回収】
料金:軽トラック積み放題プラン26,250円+出張料金3,150円=29,400円
作業内容:新宿区高田馬場のお客様は近隣大学の卒業を期に地方に就職するとのことで大半の家財を処分されました。
大学のゼミの先輩が1年前に弊社をご利用いただいたとのことで、ご紹介をいただきました。 4年間一緒だった家財を処分されるのは少し寂しそうでしたが、新生活も頑張っていただきたいです!

【新宿区四谷 不用品回収+お引っ越し】
料金:不用品回収12,600円+お引っ越し33,600円
作業内容:新宿区四谷のお客様は職場の変更に伴って都内へのお引っ越しをご依頼されました。
1LDKのお宅で物量も多かったのですが、日時指定がなかったことで格安で対応させていただきました。同時にテレビや冷蔵庫といった家電を数点回収させていただいたのですが、合計料金は大手お引っ越し会社様の1/3に! 大変ご満足いただけました。

新宿区(自治体)の粗大ごみの取り扱いについて

粗大ごみの取り扱い



新宿区対象地域

  • 愛住町
  • 赤城下町
  • 赤城元町
  • 揚場町
  • 荒木町
  • 市谷
  • 岩戸町
  • 榎町
  • 大久保
  • 改代町
  • 神楽河岸
  • 神楽坂
  • 霞ケ丘町
  • 片町
  • 歌舞伎町
  • 上落合
  • 河田町
  • 喜久井町
  • 北新宿
  • 北町
  • 北山伏町
  • 細工町
  • 坂町
  • 左門町
  • 三栄町
  • 信濃町
  • 下落合
  • 下宮比町
  • 白銀町
  • 新小川町
  • 新宿
  • 水道町
  • 須賀町
  • 住吉町
  • 高田馬場
  • 箪笥町
  • 大京町
  • 築地町
  • 津久戸町
  • 筑土八幡町
  • 天神町
  • 戸塚町
  • 富久町
  • 戸山
  • 内藤町
  • 中井
  • 中落合
  • 中里町
  • 中町
  • 納戸町
  • 西落合
  • 西五軒町
  • 西新宿
  • 西早稲田
  • 二十騎町
  • 払方町
  • 原町
  • 馬場下町
  • 東榎町
  • 東五軒町
  • 百人町
  • 袋町
  • 舟町
  • 弁天町
  • 本塩町
  • 南榎町
  • 南町
  • 南元町
  • 南山伏町
  • 山吹町
  • 矢来町
  • 横寺町
  • 余丁町
  • 四谷
  • 若葉
  • 若松町
  • 若宮町
  • 早稲田鶴巻町
  • 早稲田町
  • 早稲田南町


不用品回収の手順

かたづけステーションでは、以下の流れで迅速・丁寧に対応いたします!

ブルー三角

片付いた部屋のイメージ1 解決! 片付いた部屋のイメージ2

メールで問い合わせる

ページの先頭にもどる