横浜市の粗大ゴミ回収処分はお任せください!

かたづけステーション ちょい捨てプラン 積みホーダイプラン 法人向けおかたづけ
かたづけステーション ちょい捨てプラン 積みホーダイプラン 法人向けおかたづけ

ちょい捨てプラン

積みホーダイプラン

メールで問い合わせる


サービス内容

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

回収できるもの

家電 家具類 日用品
テレビ、ビデオ、コンポ、コタツ、エアコン、冷蔵庫、扇風機、炊飯器、照明、パソコン、洗濯機、ラジカセ、レンジ、暖房器具、時計 机、テーブル、椅子、カラーボックス、物置、タンス、鏡台、ベッド、洋服ダンス、本棚、ソファー、下駄箱、食器棚、サイドボード、テレビ台 布団、衣類、本、雑誌、生活ゴミ、食器、調理器具、座布団、筆記用具、ファイル、カーペット、ビン、カン、混合ゴミ
オフィス用品 書類 その他
パソコン、ノートPC、コピーボード、カラー複合機、無停電装置、事務机、PCデスク、会議テーブル、事務イス、ベンチ、書庫、ロッカー、OAラック、応接セット、空調機器 機密書類、DM・チラシ、ファイル、雑誌、新聞、パンフレット、本類 自転車、バイク

人口の多い横浜市、不用品回収の実情

神奈川県を代表する都市、横浜市。政令指定都市の1つであり、2016年現在、市町村の中で人口が最も多い場所です。横浜駅周辺と関内周辺には大規模な商業施設が立ち並び、中華街やみなとみらいなど日本を代表する観光名所としても有名です。神奈川県を代表する都市、横浜市。政令指定都市の1つであり、2016年現在、市町村の中で人口が最も多い場所です。横浜駅周辺と関内周辺には大規模な商業施設が立ち並び、中華街やみなとみらいなど日本を代表する観光名所としても有名です。

そんな横浜市には多くの不用品回収業者があります。人口がとても多いことから日々排出される不用品も大変多いのです。そのため行政としても粗大ごみの処理には力を入れています。他の自治区と同じように粗大ごみ受付センターを設け回収作業もしていますが、注目すべきは各地区に設置された「資源化センター」や「ストックヤード」に直接粗大ごみを持ち込むことができるということ。地形が複雑な住宅街では、収集先に運ぶことも大変な事が多く、自家用車で自ら不用品を運ぶ人も多いのです。

しかし高齢化も進んでいる横浜市。近年では持ち運ぶことが困難になり、民間の不用品回収業者に粗大ごみを処分してもらっている家庭も増えています。

横浜市の不用品回収業者はどんな感じ?

人口や商業施設が集まる横浜市。大手の不用品回収業者を筆頭に、数多くの業者があります。そのため「低価格」で「サービスが良い」不用品回収業者が多く、例えば電子レンジ一つ不要になっただけでも電話をすれば対応してくれる業者が多く、利用者とすれば嬉しい限りです。

また横浜市は坂道の多い入り組んだ住宅街が多い事でも有名です。そのため市で受け付けている低価格の持ち込み粗大ごみ処理を利用しようとしても、まずは階段を下りてから駐車場へ向かわなくてはならない家庭もあり、不用品一つ持ち運ぶだけでも大変なものです。その点民間の不用品回収業者に委託すれば、玄関先からすぐに回収してくれるので、手間なく比較的低料金で利用することができます。

また最近では高齢者の方が一人で亡くなってしまうケースも多く、残された家族が膨大な遺品を目の前に立ちすくむこともしばしば。横浜の不用品回収業者はそうした「遺品整理」のエキスパートも多く、利用した多くの方が満足しているようです。

横浜市の行政が対応してくれる粗大ごみとは

横浜市は一般的に家庭から出た粗大ごみを収集してくれます。大きさ約30センチ以上ある家具や小型家電が対象です。

また先ほども述べましたが、横浜市の粗大ごみは「持ち込みが可能」というのが特徴です。鶴見資源化センターを中心に、市内四か所に持ち込み場があり、自分で粗大ごみ受付センターへ申し込んだ後、希望日に粗大ごみを運んで出すことができます。

一見便利に見える「持ち込み粗大ごみ処理」ですが、これは横浜市ゆえの理由があります。まず人口が多い横浜市は、粗大ごみの収集が間に合わない事があります。引っ越しシーズンの春先はもちろん、連休明けなどに収集をお願いすると「そのエリアは一か月先になる」と言われてしまう事も。粗大ごみを抱えたままひと月過ごすのは大変なので、特に混雑シーズンは自分で粗大ごみを持ち込む人が多いようです。

しかし持ち運びが難しい高齢者や障害のある方のご家庭には、家まで出向いて粗大ごみを収集してくれるサービスもあるようです。

横浜市が対応できない粗大ごみとは

持ち込みシステムがあるため、「大型の粗大ごみであれば何でも捨てられる」と考えてしまうのはよくありません。

横浜市で対応している粗大ごみはあくまで家庭から出た家具などの不用品であり、大型家電やパソコンは対応していません。またタイヤやバッテリー、オートバイ、消火器などのごみも受け付けていません。こうした不用品を持つ場合、多くの人が民間の不用品回収業者に委託をするそうです。

また横浜市が「収集しない粗大ごみ」と言っている中に「引っ越し等で出た、一時的な膨大な量のごみ」があります。

これは横浜市には毎年多くの人口が転入出しており、その引っ越しのたびに出る膨大な量の不用品の処分に、市も困っている事がうかがえます。また引っ越し以外にもたくさんの「ゴミ屋敷」がある事も関係しているのかもしれません。

いずれにせよ個人宅の膨大な量のごみ対策としては、民間の不用品回収業者に頼っているのが現状です。民間の場合、どれほど溜まったごみでもほぼ一日で回収し、必要ならば片づけのアドバイスを利用者に教えるなど、行政より先に進んだサービス内容で活躍しています。

横浜市の家庭ごみの出し方を見てみよう

このように、民間の不用品回収業者に何かと頼らざるを得ない横浜市ですが、毎日出る家庭からのごみはどのように捨てられているのでしょうか。

横浜市ではおおまかに四つにごみを分けて捨てられています。生ごみを中心とした一般ごみ、缶やビン、古紙古布、プラスチック包装容器、この四つをそれぞれの収集日に分けて出しています。有料袋を使ってごみをだす都内とは違い、半透明のビニールに入れれば良いなどのルールで、粗大ごみ以外は基本無料でごみを捨てられます。

また横浜市はペットも多い地域です。他の自治区でも希望すれば亡くなったペットを「火葬処理」してくれますが、横浜市の場合「骨を持ち帰りたい」「個人で火葬したい」という希望も相談に乗ってくれます。

もちろん民間の不用品回収業者もペットに関する相談は多く受けており、大型犬用のケージを回収したり、亡くなった場合は葬儀会社と連携してお墓まで手配をしてくれたりする業者もあります。

リサイクル?廃棄?不用品の処分方法はどうする?

現代では昔と変わってごみの分別が細かく指定されるようになりました。燃えるごみや燃えないごみはもちろん、リサイクルされる資源ごみも当たり前になってきたのではないでしょうか。これらとは勝手が異なり処分方法に困りがちなのが粗大ごみや不用品ですよね。
そこで今回は引越しの際に生じた不用品や、使用しなくなった粗大ごみの処分方法をアンケートで聞いてみました。

【質問】引越しの不用品・粗大ごみを処分する時、あなたが取る方法はどれですか?

【回答数】
リサイクルショップで売る:31
オークションサイトで売る:2
友人に譲る:4
自治体の粗大ごみ回収サービスで処分する:29
引越し業者に回収してもらう:17
不要品回収業者に処分してもらう:14
その他:3

リサイクルなら再利用されお金にもなる!

アンケートの結果一番多かったのは「リサイクルショップで売る」という回答になりました。

・まずは、リサイクルショップに売って、それで余ったものは引っ越し業者さんに捨ててもらいます。(40代/男性/会社員)
・売れるものがあるなら売り、自力で処分できるものは処分し、手に余るものは業者へ依頼する。(30代/女性/無職)
・原則はこれです。少しでもお金になるものは換金して引越しの費用などに当てます。(40代/男性/会社員)

いくつかの処分方法を考えた上で、最初にリサイクルショップへ依頼する傾向が多く見られました。仮に持ち込んだとしても、必ず引き取って貰えるとは限りませんよね。そこを踏まえ業者への視野も入れつつ、お金に変えられる物は売りたいと考えているようです。また現金を得られた場合は引越しの費用に当てたり、もしくは新しく必要になる物への購入の足しにすることも出来そうです。引越しの場合は何かと出費もかさんできますので、可能なら売ると考えるのも頷けますよね。

手っ取り早く業者へ任せてしまうも一つの手!

二番目に多かったのが自治体での処分、次いで引越しや不用品業者で回収、友人に譲る、オークションの利用と続く結果となりました。

・自治体で処分する方が安いし、家の前に出せばいいので楽だからです。オークションや売るのは手間がかかるのでやりません(30代/女性/パートアルバイト)
・面倒でないし、引っ越しの当日にまとめて処分できるので、一挙両得であるから。(20代/女性/専業主婦)
・専門の業者ならば、かなりの分量でも引き取ってくれますから、とても助かりました。(40代/女性/自由業・フリーランス)
・自分が大事に使っていたもの次の人にも大事に使ってもらいたいから。 友人ならその人の性格もわかるので譲りやすい。(20代/男性/会社員)
・少しでも家具代などの足しになればいいなと思うので、オークションサイトで売ります。(20代/女性/学生)

自治体での処分での利点は安く楽だと考えられているようです。地域にもよりますが、電話で処分の旨を伝え家の前に出しておくだけで回収してくれますので、手軽さが好まれているのではないでしょうか。
引越しで生じた不用品ならば、引越し業者へ頼むのが有効的ですよね。また専門業者になると大量の数に加え、他では引き取ってもらいにくい物も受け付けてくれる可能性が高い点から選ばれているのかもしれません。
少数ですが友人に譲ったりオークションを利用する意見には再利用の傾向がみられました。

不用品は早めに決め対策を取ろう!

今回のアンケート結果ではリサイクルショップを利用する意見が最も多くなりましたが、全体的にみると過半数以上の人が何らかの形で処分していることが見受けられました。買い取って貰えればお金には成りますが、確定ではなかったり手間を含めると別の処分方法を考えるようです。
しかし不用品とはいえ少し手を加えれば使えるような物は、再利用して欲しいと希望する人もいるのかもしれません。急な引越しではない限り、リサイクルに回したい物品などは早めの整理をしたほうが良いかも!
また、自治体のサービスや業者の活用も、状況に応じて使い分けると効率的に不用品の処分ができるかもしれませんね。

アンケート実施概要

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年01月28日~2016年02月11日
■有効回答数:100サンプル

全ての回答者の声

引越しの不用品・粗大ごみを処分する時、あなたが取る方法はどれですか?

【リサイクルショップで売る】
・原則はこれです。少しでもお金になるものは換金して引越しの費用などに当てます。(40代/男性/会社員)
・新生活は何かと物入りなので、ちょっとでもお金になるなら売りたいです。(20代/女性/専業主婦)
・売れるものなら少しでも売ってしまってお金にしたほうがお得だからです。(20代/女性/学生)
・データなどの心配がないものは、少しでも引っ越し料金の足しにしたいため(30代/女性/専業主婦)
・一番めんどくさくないし、お金になるので、リサイクルショップで売る(20代/男性/会社員)
・オークションサイトなどは手続きが面倒くさそうなので、安くなってもいいのでリサイクルショップに持ってい行く(40代/男性/パートアルバイト)
・引越しの際の不用品や粗大ゴミを処分する時は、売れるものはリサイクルショップで売りますが、売れなさそうなものは引越し業者に処分してもらいます。売れそうなものを捨てるともったいないですからね。(30代/男性/会社員)
・手軽にお金になるのでこちらの方法をとっていました。これからはオークションサイトの利用も考えています。(30代/男性/パートアルバイト)
・売れるものがあるなら売り、自力で処分できるものは処分し、手に余るものは業者へ依頼する。(30代/女性/自由業・フリーランス)
・リサイクルショップに売れば少しのお金が戻ってくるし、一石二鳥だからです。(10代/女性/無職)
・まずは、リサイクルショップで売って、お金に換えようとします。それで売れなかったら、友人に譲り、最後に「廃棄」です。(30代/女性/会社員)
・オークションサイトに出品するのは手間がかかるし、どうせ処分するものなので少しでもお金に変えたい。(30代/女性/専業主婦)
・まとめてリサイクルショップ行きです。運ぶのが少し面倒ですが、すぐにお金になるので即資金として使います。(20代/男性/自由業・フリーランス)
・少しだけでもお金を浮かせ、その浮いたお金で違う品物を買ったりとするため。(20代/女性/会社員)
・引越しともなれば、費用がかかるので二束三文でも足しになるならばお金に換える(20代/男性/会社員)
・現金にできるものは少しでもして引っ越し費用の足しにしたい。リサイクルすることで、環境のためにごみを減らすことができる。(40代/女性/会社員)
・出来うる限り現金化したいので、リサイクルショップで高く買い取ってもらいます。(40代/男性/自営業(個人事業主))
・探せば出張で家に来てくれる業者もあり、売れるものは売ってしまった方が楽だから。(30代/男性/自営業(個人事業主))
・あまり売れそうもないものでも意外と値段がついたりするので一度はリサイクルショップの人に見てもらいます。いまは出張査定も無料できてくれるところがあるので。売れないものでも売れるものと一緒に引き取って処分してくれたりもするので便利です。(40代/男性/会社員)
・まだ使えそうなものはもったいないので、売って、次の人に使ってもらう(20代/女性/パートアルバイト)
・まだ使えそうなものなら、少しでもお金の足しにしたいと思うから。(30代/女性/専業主婦)
・まず、リサイクルショップへ持って行き、価格がつかない場合は、自治体のリサイクルセンターへ持ち込みます。(50代/男性/公務員)
・まずは、リサイクルショップに売って、それで余ったものは引っ越し業者さんに捨ててもらいます。(40代/男性/会社員)
・まだ使えるものはリサイクルショップへ持っていって、また使いたい人に使ってもらうのが良いかな、と思ったからです。(30代/女性/無職)
・ゴミでも少しでもお金になればラッキーだと思い、近くの大型のリサイクルショップにまとめて持って行きます。(50代/男性/会社員)
・ただ捨てるよりも必要としている人のもとで有効活用してもらえるのならば環境にも優しいし、引っ越しの費用の足しになれば少しでもうれしいから。(40代/女性/会社員)
・いらないものがお金に換わるかもしれないならまずはその行動を取る方が得だと思うから。(20代/女性/学生)
・リサイクルショップで売るのが面倒がないですね、友人に譲るのも問題が多い(30代/男性/会社員)
・できるだけ有効利用したいと思うから。ただし、手数料を取られることもあります。(60代/女性/専業主婦)
・私の場合はまずリサイクルショップで売って、残ったものを回収サービスで処分します。(30代/男性/パートアルバイト)
・近所に大型のリサイクルショップがあるので、そこに持っていくことが多いです。ほとんどお金にはなりませんが、粗大ごみ料金を払うよりはましかな、と思っています。(20代/女性/無職)

【オークションサイトで売る】
・少しでも家具代などの足しになればいいなと思うので、オークションサイトで売ります。(20代/女性/学生)
・まずオークションサイトで売る。買い手がつかなければ回収業者に引き取ってもらう。回収不能ならゴミとして処分。(40代/男性/会社員)

【友人に譲る】
・友人に譲るでしょうね、あまったら捨てるしかないですね、オークションでは時間がかかりすぎるし(30代/男性/会社員)
・自分が大事に使っていたもの次の人にも大事に使ってもらいたいから。友人ならその人の性格もわかるので譲りやすい。(20代/男性/会社員)
・一番友人に譲ったほうが楽です。取りに来てもらえるし捨てる手間が省けます。(40代/男性/会社員)
・大学時代の引っ越しの時、知人に冷蔵庫を譲ってもらいました。今でも重宝しています。必要な人に喜んで使ってもらうのがいいと思います。(40代/女性/自由業・フリーランス)

【自治体の粗大ごみ回収サービスで処分する】
・お金になるものはお金にして…なんて考えていると、なかなか片付かない地獄にはまってしまう。人に譲れるほどのモノがあれば、それもいいけど、不要になるようなもので喜んでもらうってのもなかなか…。効率重視で、自治体での処分。(40代/女性/専業主婦)
・不用品業者に回収してもらったことがあるのですが、二束三文で引き取られ、中にはお金を払ったものもあり寂しい思いをしました。それなら自治体の粗大ごみにだしたほうがいいかなと思っています。(50代/女性/会社員)
・前までは、オークションに出したりしましたが、引き取って頂けるまで時間がかかったので粗大ゴミで出してます。(40代/女性/会社員)
・自分でどこかに運ぶのは大変だし、回収業者もよく分からないので自治体にお願いする(40代/女性/専業主婦)
・時間や手間もそれほどかからないし、業者に依頼するよりは費用も低かったので。(30代/男性/自営業(個人事業主))
・自治体の粗大ごみ回収サービスで処分するのではないかと思います。(50代/男性/会社員)
・不要品なものはどうせ捨てるし業者にわざわざ頼むようなものが出てこないので。(20代/男性/自由業・フリーランス)
・引越しの不用品・粗大ごみを処分する時自治体の粗大ごみ回収サービスで処分するのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)
・自治体で処分する方が安いし、家の前に出せばいいので楽だからです。オークションや売るのは手間がかかるのでやりません(30代/女性/パートアルバイト)
・リサイクルショップに来てもらっても、ひきとってもらえない物が、かなりありました。また、不要品回収会社を利用したこともあるのですが、費用が驚くほど高いところもありました。時間さえ都合がつけば、自治体を利用した方が、安全で、安いです。(50代/女性/専業主婦)
・回収業者に来てもらうよりも安いと聞くので、わざわざ運んで処分します。自分が捨てたい物なので、リサイクルショップでもあまり引き取ってもらえそうもない物ばかりだと思います。(50代/女性/パートアルバイト)
・本心はただ処分するのは惜しいけどオークションに出したり買取業者を頼むのも面倒くさい。(40代/男性/無職)
・業者に頼むと高くつきそうなので、自治体のサービスを利用すると思う。売れそうならリサイクルショップも検討する。(30代/男性/パートアルバイト)
・所詮使用したものですし、都合よく引き取り先もみつからなかったので結局は粗大ごみで処分しました。(40代/女性/自営業(個人事業主))
・処分するときは、行政の方できちんと捨てる方が法律にも違反しないしいいと思うからです。(20代/女性/学生)
・リサイクルに出せるなら出したいけれど、持って行くのが面倒だったりもらってくれる人がいないので、結局は粗大ごみに出すのが多いです。(40代/女性/パートアルバイト)
・あげれるものは友人に渡しますがほとんどは粗大ゴミに出すことが多いです(40代/女性/契約派遣社員)
・売れるものはリサイクルショップで売りたいですが、たいていのものは自治体のサービスを利用します。(50代/女性/自由業・フリーランス)
・引越し屋が無料で回収してくれるものは頼み、残りは自治体です。安いので。(20代/女性/専業主婦)
・不用品を友達に必要かどうかを聞くのも面倒なので、だいたいので不用品は粗大ゴミ時して市の無料の場所に持ち込む。(40代/女性/パートアルバイト)
・基本的に、引っ越しだからといって処分することはあまりないので、自治体の粗大ゴミ回収で十分間に合います。(50代/男性/専業主夫)
・お金を払うのならば、怪しい所よりも、まともなところに出すだけである。(40代/女性/無職)
・以前引っ越しをした時、安心できるのは自治体の回収サービスかなと思いこちらのサービスを利用しました。(40代/女性/パートアルバイト)
・料金が明確で信頼できるので、自治体の粗大ごみ回収サービスを利用しています。(20代/女性/自由業・フリーランス)
・時間的に余裕があればどこかに売りたいですが、殆どの場合が急を要するので粗大ごみ回収をお願いします。(50代/男性/会社員)
・粗大ごみを処理するときは大抵古びているか故障しているかなので、譲ることや売ることなどできないから。(20代/女性/学生)
・リサイクルショップに連絡しても引き取ってもらえないケースが多いから。(40代/男性/会社員)
・リサイクルショップに持っていっても売れなかったりしたことがあるので、一番信用できるし、安心できる、自治体の粗大ごみ回収サービスを利用して処分することが多いから。(30代/女性/パートアルバイト)
・オークションサイトは利用の仕方が分からない。リサイクルショップは近くにないのとわざわざ足を運ぶのが面倒なのと時間がかかりそう。友人に譲るのは運搬に手間がかかる。(20代/女性/専業主婦)

【引越し業者に回収してもらう】
・引っ越し業者なら下見の時に申し出ておくと、サービスで処分してくれるから。(60代/女性/専業主婦)
・量が多いと自分の認知できない不用品があるので、いちいち考えられないので一気に処分を業者に頼みます(20代/女性/パートアルバイト)
・引越と同期して処分したいため不用品を回収できる引越業者を選びます。(50代/男性/自由業・フリーランス)
・引っ越しの時に、ついでに引っ越し業者に回収してもらうようにした。(20代/女性/自由業・フリーランス)
・ついでなので引っ越し業者に予め見積もりしてもらい込みこみで頼みます。(60代/男性/無職)
・たいていのものは無料で引き取ってもらえる。引っ越しのついでに処分できるので便利だから。(50代/女性/専業主婦)
・面倒でないし、引っ越しの当日にまとめて処分できるので、一挙両得であるから。(20代/女性/専業主婦)
・引っ越し業者が受け付けてくれる数以内で収まったから。あちこち探すのも面倒だったし。(40代/女性/専業主婦)
・考えるのが面倒なので、この方法をとります。簡単に引き取ってもらえるので。(40代/男性/自営業(個人事業主))
・自分で持ち運ぶのが難しいので、引っ越しの際に業者の人に頼んで処分してもらう(20代/女性/学生)
・だいたい引越し業者が引き取ってくれるので、引越し業者に頼みます。(30代/女性/会社員)
・引っ越し作業のときに業者にいろいろ世間話をしながら作業を手伝っていると要らないごみに関して引き取りますよとサービスしてくれたことがありました。(40代/女性/パートアルバイト)
・自治体のサービスだと回収の日にちを選べなかったり、引っ越し当日まで使いたいものがあると捨てられないので、当日に引っ越し業者に回収してもらうのが手間がなくていい。(30代/女性/専業主婦)
・引っ越し業社では便利なサービスも実施しているのでいつも利用しています。(30代/女性/専業主婦)
・これが一番楽な気がします。まあある程度のものは自分で処理しますがでかいものは無理じゃん(30代/女性/パートアルバイト)
・リサイクルショップなどに売りたいと思うのですが、女一人暮らしで車もないので、運ぶ手間と労力を考えると、引越と同じタイミングで引き取ってくれるのが一番楽で手っ取り早いから。(30代/女性/契約派遣社員)
・業者に部屋の中に入られるのはなるべく避けたいので、引っ越し業者がいいです。(40代/女性/無職)

【不要品回収業者に処分してもらう】
・不用品や粗大ごみは回収業者にお願いして処分して貰います。仕事が早く助かります。(60代/男性/無職)
・売買をするのは時間がかかるので面倒。業者に依頼すれば即座に処理できるので便利。(30代/男性/その他専門職)
・迅速に回収してくれるのでタイミングを選びやすいし色々な業者がいて選べるので。(20代/男性/自由業・フリーランス)
・できればリサイクルショップで売ったり、友人にゆずたっりできたらいいが結局面倒になって業者に引き取ってもらうと思う。(20代/女性/無職)
・一番安く済むし、家まで荷物を回収に来てもらえて楽だと思うので。(20代/女性/学生)
・譲渡した先でトラブルになることは避けたいし、業者に頼んで料金を支払ってでも処分してもらうことが、気持ち的にも楽で良いから。(30代/男性/会社員)
・不要品回収業者なら無料で引き取ってくれる業者もありそうだから、そこにお願いしたいです。(30代/女性/専業主婦)
・服や本などは、日頃からリサイクルショップで売っているので、引っ越しの際に出たゴミは大型ごみがほとんどで、その時は業者に処分をお願いします。(40代/女性/専業主婦)
・物や状況にもよりますが、一番便利で安いのは、不用品回収業者さんに回収してもらう方法だと思います。(30代/女性/契約派遣社員)
・小物や捨てられるものであれば、自治体指定の方法で処分しますが、大きなものや重いものは回収業者に依頼します。(30代/男性/会社員)
・専門の業者ならば、かなりの分量でも引き取ってくれますから、とても助かりました。(40代/女性/自由業・フリーランス)
・まとめて不用品回収業者に処分してもらいます。まとめて処分してすっきりしたいです。(30代/男性/会社員)
・自治体などの粗大ごみの回収日は、だいたい月一で廃棄したいと思う時と回収日が合わないことが多いので回収業者に頼む場合が多いです。(40代/男性/会社員)
・電話一本で家まで取りに来てもらえるし、わずかだけどお金になりました。(30代/男性/パートアルバイト)
【その他】 ・短期間で処分しなければいけない時は、友人に譲るのも面倒なので、車で近隣の処分場へ運びます。(20代/男性/学生)
・親戚か何でも屋なので、全て渡して処分してもらっています。あとは全てまかしている。(20代/女性/専業主婦)
・まだ、住んでいる地域では粗大ゴミが有料になっていないのでそのまま普通のゴミに出します。(20代/女性/無職)

横浜市(自治体)の粗大ごみの取り扱いについて

粗大ごみの取り扱い





不用品回収の手順

かたづけステーションでは、以下の流れで迅速・丁寧に対応いたします!

ブルー三角

片付いた部屋のイメージ1 解決! 片付いた部屋のイメージ2

メールで問い合わせる

ページの先頭にもどる