川崎市の粗大ゴミ回収処分はお任せください!

かたづけステーション ちょい捨てプラン 積みホーダイプラン 法人向けおかたづけ
かたづけステーション ちょい捨てプラン 積みホーダイプラン 法人向けおかたづけ

ちょい捨てプラン

積みホーダイプラン

メールで問い合わせる


サービス内容

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

回収できるもの

家電 家具類 日用品
テレビ、ビデオ、コンポ、コタツ、エアコン、冷蔵庫、扇風機、炊飯器、照明、パソコン、洗濯機、ラジカセ、レンジ、暖房器具、時計 机、テーブル、椅子、カラーボックス、物置、タンス、鏡台、ベッド、洋服ダンス、本棚、ソファー、下駄箱、食器棚、サイドボード、テレビ台 布団、衣類、本、雑誌、生活ゴミ、食器、調理器具、座布団、筆記用具、ファイル、カーペット、ビン、カン、混合ゴミ
オフィス用品 書類 その他
パソコン、ノートPC、コピーボード、カラー複合機、無停電装置、事務机、PCデスク、会議テーブル、事務イス、ベンチ、書庫、ロッカー、OAラック、応接セット、空調機器 機密書類、DM・チラシ、ファイル、雑誌、新聞、パンフレット、本類 自転車、バイク

人口の多い川崎市!不用品回収業者が大活躍!

神奈川県の北東部に位置する川崎市。神奈川と言っても、多摩川をはさんで東京のすぐ隣です。また横浜までは1駅、品川までも1駅と大変交通の便が良い場所です。駅前には商業施設が立ち並んでおり、ここ近年ではファミリー層を中心に「大型ベッドタウン」として栄えてきました。都内に比べると家賃も安く、それでいて自然も多い地域。そのため非都道府県庁所在地の市の中では最も多い人口を誇っています。

そんな川崎市には、毎年ファミリー層を中心に多くの人が移住してきます。大型マンションが多い場所でもあるので、日に何台も「引っ越しトラック」を見かけることもしばしば。

引っ越しがあるということは「不用品が多く出る」とも言えるでしょう。高層マンションも多い川崎市では、個人が家から不用品の運搬をするのは大変な作業です。そこで頼りになるのは「不用品回収業者」。ここ川崎市ではたくさんの不用品回収業者が存在しています。

利用しやすい!多種類のサービスがある川崎の不用品回収業者

人口の多い川崎市ですから、日々多くの家庭から「不用品」が出ます。また家庭の不用品だけでなく、大きな商業施設を抱える川崎市では「事業用のごみ」も多く出ます。そのため行政だけで対応するには限界があります。

また川崎市にはたくさんの大規模なマンションが数多くあります。特に高層階に住んでいる人にとっては、不用品を下まで運ぶのは大変な労力が必要。いくらエレベーターがあるとはいえ、大型の不要家具などは解体して運ぶ必要もあるでしょう。

そこで頼りになるのが不用品回収業業者です。数多くの業者がある川崎市では、利用する人のニーズに合わせた業者がたくさん存在します。高所からの運搬を得意とする業者、ピアノなど運搬が難しい物を得意とする業者、ゴミ屋敷となった部屋の不用品回収はもちろん、徹底したクリーニングを行ってくれる業者など。多種類のサービスがあり、たくさんの業者があるため、値段交渉をしやすいのも嬉しいところです。川崎市の住民にとってと不用品回収業者はとてもありがたい存在と言えるかもしれません。

行政は粗大ごみをどこまで対応してくれる?

では川崎市の行政は不用品をどこまで対応してくれるのでしょうか。

他の自治体と同じように、大型家電やパソコンなど、リサイクル法で定められている家電については粗大ごみとして取り扱っていません。店舗から出る粗大ごみ、消火器などの危険物も対応は不可能です。

ただ他の自治体とちょっと変わっているのは、粗大ごみを地域ごとに収集日を設定して月2回収集しているということ。他の自治体では電話をかけて希望日を伝えるというやり方が多いのですが、人口の多い川崎市では、予めエリアによって粗大ごみの収集日を月に2回設けているのです。

またおおむね30センチ以上の不用品を粗大ごみとしていますが、ごみの一番大きな場所を計り、最大180センチ以上のごみでも1,000円程度で処分してくれます。他の自治体より全体的に若干安いと言えます。

また人口が多いゆえ、ペットが多いのも川崎市の特徴。粗大ごみではありませんが、ペットが亡くなった時も行政は対応してくれます。人口が多い都市ゆえ、ごみの問題は色々と細かく対応してくれるようです。

行政には頼れない粗大ごみもあります

しかし行政から「これは無理」と言われてしまう粗大ごみもあります。意外なのが「電動自転車」です。

これはオートバイと同じようにみなされ、料金を払っても粗大ごみとしては対応してくれないのです。また電動自転車には必ずついているバッテリーですが、こちらも川崎市としては引き取ってくれません。いずれも購入した自転車屋さんに問い合わせることが必要になります。

粗大ごみの料金としては安く、サイズを計ればどの値段のシールを貼れば良いかすぐわかるようになっています。他の行政に比べると回収日も設定されており、「粗大ごみを出しやすい地区」とも言えるかもしれません。しかし先ほども述べたように川崎市は大型マンションがたくさんある都市です。大きな粗大ごみを解体して下まで運ぶことは結構大変な作業です。そこで多くの人が「民間の廃品回収業者」に委託しているのが現状です。

川崎市のごみ捨てルール

では最後に、川崎市の家庭から出る一般ごみの捨て方について見てみましょう。

週に2日、生ごみを中心とした「普通ごみ」を捨てられます。それ以外は資源ごみと呼ばれる、カン、ビン、ペットボトル、プラスチック容器などを決まった曜日で回収してくれます。

また、川崎市では粗大ごみ意外基本無料で捨てられます。ごみにより半透明のビニールにいれるなどの規定がありますが、多くの自治体で「ごみ捨てを有料化」している現代、無料で収集してくれるのは珍しいかもしれません。そういった点でも住みやすい街と言えます。

しかし無料で捨てて良いということは、だんだんゴミ捨てのルールが簡素化され、いい加減にごみを出してしまう住人がいるのも悩ましいところ。実際川崎市はポイ捨てが横行したり、ゴミ屋敷が多かったりする地区でもあります。

そうした場所に自治体がお金を支払い、民間の廃品回収業者に清掃を依頼することも少なくありません。住人にとってごみを捨てやすい街でもありますが、廃品回収業者がいないと美しい街並みを維持するのも難しい現状があります。

いざ新しい住まいへ!引越しの際、処分したい不用品って何?

念願のマイホーム購入!就職での転居!待ちに待った新生活に胸踊りますよね!この新しい住まいへ引越す際、不用品を処分する人も結構いるようです。特に大型の家具・電化製品など、運搬の大変さから処分する人も多いとか…。
では、実際に引越しでどんな大型の不用品を処分するものなのでしょうか。その理由も合わせて、100人の方にアンケートを取ってみました。

【質問】引越しで不用品として処分するとしたら次の内どれ?

【回答数】
ベッド:30
冷蔵庫:7
洗濯機:12
テレビ:7
タンス:29
その他:15

運ぶのも大変!新品にしたい!処分筆頭はベッド!!

アンケートの結果、最も多かった回答が「ベッド」の30人でした。

・ベッドは場所をとるし、引っ越し代も高くつくので、古くなったら破棄します。(20代/男性/学生)
・電化製品は壊れたら買い替えるがベッドはなかなか壊れないので新しくする機会がないし、荷物として運ぶのに場所もとるしお金もかかるから。(40代/女性/会社員)
・新しい部屋などに合わないことが多いので処分することが多いです(40代/女性/契約派遣社員)
・ベッドが無くても生活ができるので、引越しで不用品として処分するとしたらベッドですね。(30代/男性/会社員)

ベッドは部屋のスペースを取るし、引越し代も高くなるから処分したいと考えている人が多いようです。古くなったものなら尚更、わざわざ新居に運び込むより新品にして気分を変えたいのも頷けますよね。引越しはまさに、そのチャンスと言えそうです。また、新居ではベッドを使わない場合もあるようで、部屋のレイアウトの自由度を高めたい様子もうかがえました。

使う必要のないタンス!?最新型にしたい家電も処分の対象!!

二番に多かった回答が「タンス」の29人で、「洗濯機」の12人、「冷蔵庫」と「テレビ」が7人で続く結果となりました。

・実際自分の引っ越しをして感じたのは、最近の部屋は、クローゼットなどの収納が充実しているので、タンスを置く必要がなくなってしまった。
また、部屋の形などでスペースが狭くなってしまうので、不要かなと思う。(30代/女性/パートアルバイト)
・洗濯機は長年使っていれば古くなっているし新しいものに買い換えるからです。(10代/女性/無職)
・まぁ冷蔵庫は大きいし、新しいやつは省エネなので買い換えますね。(30代/男性/会社員)
・新しいテレビで気分一新したいし、大きなサイズのテレビがほしいので。(30代/男性/パートアルバイト)

最近はクローゼットなど収納設備の整った部屋が多いようで、タンスをわざわざ持っていく必要がないようです。できるだけ部屋を広く使えるほうが他の家具の配置を好み通りにできそうですね。
洗濯機や冷蔵庫、テレビといった家電は、古くなったから引越しの時は新品に変えたいという声が圧倒的に多く聞かれました。気付くと意外と長年使っているのが家電製品!省エネなど性能アップも著しいこともあって、引越しは交換に良い機会と受けとめているようです。

不用なベッドやタンス、大型家電!まとめて処分するなら?

今回のアンケートでは、引越し時の処分したいものとして、ベッドを挙げる人が最も多い結果となりました。サイズの大きさから、運搬の問題や部屋のレイアウトへの影響が大きく、古いものほど処分する傾向にあるようです。
タンスは収納設備の充実から必要ないことも多く、無理して新居に持って行かなくても良さそうです。洗濯機などの大型家電も引越しを機会に買い替えたい人が多数見られました。
処分方法が異なるこれらの大型の不用品!引越しという慌ただしい状況で一括処分するなら、不用品回収業者に相談してみるのも良いかもしれませんね。

アンケート実施概要

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年01月28日~2016年02月11日
■有効回答数:100サンプル

全ての回答者の声

引越しで不用品として処分するとしたら次の内どれ?

【ベッド】
・リサイクルショップなどでの買取があまり行われていないので、ベッドは処分します。(20代/女性/学生)
・頻繁に引っ越しすることはないので、そういった大きな移動時は心機一転という意味でもベッドも変えます。部屋の大きさなどもありますし。(20代/男性/自由業・フリーランス)
・ベッドは運ぶのが大変であり、引越し費用も高くつきそうなので、引越し先で新しいものを買おうと思う。(30代/男性/パートアルバイト)
・ベッドは住む家の大きさによって最適な物を選んで買っているので、新しい家では合わないことが多いです。これまでの引越しではほとんどの場合捨てて最適なものを買い直していました。(40代/男性/その他専門職)
・ベッドは新居にはいらないと思うので不用品として処分する可能性が高いです。(40代/女性/パートアルバイト)
・タンスなど家具類は引越し先の雰囲気に合わないことが多いので。(50代/女性/自由業・フリーランス)
・ダニやごみを新しい家にベッドとともに持ち込んでしまいそうなので、引っ越しの度に買い替えています。(30代/男性/会社員)
・結構長い期間使ったので引っ越しを機に新しいものに変えたいから。(20代/女性/学生)
・ベッドを引き取ってくれる業者が見つかるかどうか、とても不安に思います。(40代/女性/自由業・フリーランス)
・どれも持って行きたいが、引越し先の部屋寸法によっては、これが一番不要になりやすいと考えたから。(30代/男性/会社員)
・ベッドは大きくでかいので、まずは一番最初に処分したいですね。(10代/女性/学生)
・電化製品はまだ新しいのを買ったら引き取ってくれるところがあるし、まだ使えるものは誰かに譲ったりできるけど、ベッドはそうもいかないし捨てるのがすごく大変。(30代/女性/契約派遣社員)
・引越しで不用品として処分するとしたらベッドなのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)
・基本お布団で寝るので、ベッドの必要性はそこまでないので処分候補に入ります(20代/女性/パートアルバイト)
・新しい所に引っ越しをしたら新たな気持ちを目覚めさせたいと言う気持ちも込めてベットは買い替える為。(20代/男性/会社員)
・ベッドはかさばるので極力引っ越しの車の台数は少なくしたいので綺麗でも処分します。(40代/男性/無職)
・今は安く手に入りやすいので、新しい新居には新しい物になるべく買い換えたいから。(20代/女性/専業主婦)
・ベッドが無くても生活ができるので、引越しで不用品として処分するとしたらベッドですね。(30代/男性/会社員)
・家電は案外リサイクルショップなどでお金になるので無料査定などしてもらうのがいいと思います。ベッドはやっぱり知らない人が寝てたものということであまり買取はしてもらえませんので処分しますね。自分でも他人が使ったベッドは買う気がしないので。(40代/男性/会社員)
・引越し先の部屋の間取りに今あるベッドが合うかどうかわからないので、一番廃棄しやすいと思います。(40代/男性/会社員)
・以外と引っ越した先でのイメージと合わないときがあったり買い替えすることが多いのでベッドは処分します。(40代/女性/自営業(個人事業主))
・ベッドは場所をとるし、引っ越し代も高くつくので、古くなったら破棄します。(20代/男性/学生)
・電化製品は壊れたら買い替えるがベッドはなかなか壊れないので新しくする機会がないし、荷物として運ぶのに場所もとるしお金もかかるから。(40代/女性/会社員)
・テレビや冷蔵庫などは高額で買い換えるのはちょっとあれかなと。その点ベッドならまだ大丈夫かなと思いました。(30代/女性/無職)
・だいぶ古くなってきているので、引っ越しを機会に、新しいものに買い替えようと思っているから。(30代/女性/パートアルバイト)
・ベッドは売っても次誰が使うか気味が悪いので捨てると思います。(20代/女性/学生)
・部屋の形によってベッドが入らない可能性があり、買い換える可能性があるから。(20代/男性/自由業・フリーランス)
・一番かさばるので、ベッドでしょうか。ものによりますが、パイプベッドくらいだと捨てます。(30代/女性/会社員)
・私の部屋にあるベッドがガタがきているので、もし引っ越しをするときは処分すると思います。(30代/男性/パートアルバイト)
・新しい部屋などに合わないことが多いので処分することが多いです(40代/女性/契約派遣社員)

【冷蔵庫】
・冷蔵庫ってあまり使っていなくても結構汚くなってしまうものなので、引っ越しの際にはあたらしいものにしたい(40代/男性/パートアルバイト)
・まぁ冷蔵庫は大きいし、新しいやつは省エネなので買い換えますね。(30代/男性/会社員)
・次はもっと広い部屋に住んで、大きいサイズの冷蔵庫に買い替えたいです。(20代/女性/自由業・フリーランス)
・現在使っている冷蔵庫がもう買い替え時なので、引っ越しを気に新調し古いものは処分して新しい冷蔵庫で気持ちの良いキッチンにしたいです。(40代/女性/パートアルバイト)
・冷蔵庫を処分したいです。自宅にある冷蔵庫はだいぶ古いものなので、新しいものに買い換えたいです。(30代/男性/会社員)
・今、もし引越しするとしたら冷蔵庫を処分したいです。もっと大きいのに変えたい他いうのもありますが、汚くなりやすいので変えたいです。(20代/女性/学生)
・水抜きをしないといけないので、持っていくのも面倒くさい。処分した方が楽なので。(30代/男性/その他専門職)

【洗濯機】
・洗濯機は長年使っていれば古くなっているし新しいものに買い換えるからです。(10代/女性/無職)
・今引っ越すとしたら洗濯機です。長く使っているし、新居に運び出すのに追加料金がかかるのでそれなら買い替えです。(20代/女性/専業主婦)
・長年使っていて古いため、新しいものが欲しいため。独身用のサイズなので今後家族が増えたら不便なため。(20代/女性/専業主婦)
・洗濯機です。購入して10年以上使用しているので最近故障がちである為です。(50代/男性/公務員)
・洗濯機は一家に二台は要らないので、実家に帰る引っ越しをしたときには独り暮らしで使っていたものは処分した。(20代/女性/自由業・フリーランス)
・ベランダに設置していましたが最近台風で壊れてしまいました。引っ越しの際には新しい機器の設置の際に処分しなければなりません。(40代/男性/無職)
・もう10年以上使っているのでそろそろお役御免の時期でもありこの際処分です。(60代/男性/無職)
・かなり長く使っているのでそろそろ買い替えたいので引っ越しタイミングで処分したいですね。(20代/男性/自由業・フリーランス)
・大きなものから処分を考えた方が、後々楽だとおもうので。私の家の中では、洗濯機が一番大きいです。(30代/女性/契約派遣社員)
・洗濯機かなぁ、重いしなかなかもっていけないですね、引越し先におく場所問題もあるし(30代/男性/会社員)
・選択槽だけでなくホースまでカビだらけになっているから心機一転で新しいものを買いたいと思ったから。(30代/女性/パートアルバイト)
・もう20年近く使っているので、そろそろ壊れるのではないかと思うから(40代/女性/専業主婦)

【テレビ】
・ベッドはマットレスの処分が面倒でできるなら引っ越しの時に処分したい。(20代/男性/会社員)
・テレビはどうせ引越しをするなら新しい環境にあった新しいものが欲しいから(20代/女性/学生)
・新しい環境になったら、テレビも最新のものを買いたいので、古いのは処分したいです。(50代/女性/会社員)
・今も、ケーブルテレビ回線経由でブラウン管テレビを使用しているため。(30代/男性/自営業(個人事業主))
・新しいテレビで気分一新したいし、大きなサイズのテレビがほしいので。(30代/男性/パートアルバイト)
・長くつかっているので、思い切って買い換えたい。無くても暫くは困らないと思うので(30代/女性/パートアルバイト)
・いらない情報ばかり流れているし、不安を煽るニュースなどが何度も繰り返し流れているから。(20代/女性/無職)

【タンス】
・新居などにはクローゼットが設置してある場合が多いのでタンスは不要だと思います。(30代/女性/専業主婦)
・引っ越し先の収納がどうなっているか次第ですが、場所を取るので処分しようと思います。(30代/女性/専業主婦)
・今どきのマンションはクローゼットや収納が充実しているので必要ないから。(60代/女性/専業主婦)
・タンスは、引越し先の間取りによって、サイズが厳しかったりするので、思い切って処分します。(30代/女性/会社員)
・使っていないタンスがありますが、面倒で処分していません。引っ越しは絶好のチャンスだと思います。(40代/女性/自営業(個人事業主))
・フランス人のように気に入った服だけ持つようにしたいので、タンスがなくなれば服も捨てられる(20代/女性/パートアルバイト)
・引越し先の収納状況にも左右される物のため、タンスの処分を検討すると思う(20代/男性/会社員)
・引っ越し先で新調したいから。買い替えだと処分料がかかるけど、業者さんに任せたら他のと一括で処分なので面倒じゃない。(40代/女性/専業主婦)
・タンスは相当古いものなので、引越しを機に捨ててしまうと思う。(20代/男性/パートアルバイト)
・その家その家の壁紙やサン、使っている木目などに合わせてコーディネートしたいので、タンスが不用品となる可能生が高いと思います(30代/女性/パートアルバイト)
・古いタンスが一つあります。でも必要なものなのですが、思い切って処分はしたいと思ってはいます。(50代/女性/パートアルバイト)
・引越す時はある程度荷物を整理するので大きな荷物となるものは処分します。(30代/男性/会社員)
・次の住居のサイズや雰囲気に合うかわからないし、引っ越した当日に無くても他の物ほど困らないだろうから。(30代/女性/専業主婦)
・新居では収納スペースがたくさんあったりしてタンスなどは場所をとることが多いから。(20代/女性/学生)
・かなり古いタンスがあり、なかなか処分が出来ないので引っ越しの時がいいタイミングと思うので。(40代/女性/パートアルバイト)
・クローゼットや収納スペースに収まるように物を整理してすっきりしたいから。(60代/女性/専業主婦)
・クローゼットが作り付けのところが多いので、なくても困らないから。(40代/女性/無職)
・収納関係もあってタンスの処分が希望かもしれないですね。家具は部屋に合う合わないもあるから(30代/女性/専業主婦)
・電化製品は10年は使うが、タンスは新居の大きさによって変えたいので処分します。(20代/女性/専業主婦)
・引っ越し先の収納次第で不要になるから。サイズも変わるので買い替えする。(40代/男性/会社員)
・ウォクインクローゼットなど備え付けの物があるから、タンスは必要がなくなると思うから(30代/女性/専業主婦)
・不要なタンスは引っ越しの際、思い切って処分したいと思います。(40代/女性/専業主婦)
・引っ越し先では大きさが合わなくて入らなかったりするので、タンスはその場で処分してもらえると楽である。(20代/女性/専業主婦)
・引越し先に収納が需実している部屋であれば、タンスが不要になることが多いため。(50代/男性/会社員)
・新しいところの雰囲気に合わないタンスは処分しています。電化製品はまだ使えるものなら持っていきます。(30代/女性/会社員)
・引越しで不用品として処分するとしたらタンスなのではないかと思います。(50代/男性/会社員)
・持ち運びが大変なので、古いものを持って行くくらいなら新しいものに買い替えたいと思うから(20代/女性/学生)
・タンスの中の荷物を整理しつつ、タンス自体のサイズを変更したいと考えています。(20代/男性/パートアルバイト)
・実際自分の引っ越しをして感じたのは、最近の部屋は、クローゼットなどの収納が充実しているので、タンスを置く必要がなくなってしまった。また、部屋の形などでスペースが狭くなってしまうので、不要かなと思う。(30代/女性/パートアルバイト)

【その他】
・持っていけるものは全部持っていくので処分するものはとくにない(20代/男性/会社員)
・その時々で変化します。古くなったもので、新しいものが欲しい時に処分します。(40代/男性/自営業(個人事業主))
・子供が生まれた年にいただいた、ガラスケース入りの羽子板、これがインテリアに合わないのに、場所をふさいでいます。親のプレゼントだったから、捨てられなかったけど、次の引っ越しの時なら、処分する決心ができるからです。(50代/女性/専業主婦)
・使えるものは必ず持っていくので、原則処分が発生しないように購入時に考えます。(40代/男性/会社員)
・基本的に、引っ越しだからといって家財道具を処分することはないですね。キッカケにはならないです。(50代/男性/専業主夫)
・前回の引っ越しでは処分するものは何もなかったが、次回の可能性としては、タンス・食器棚・サイドボードなど大物家具を処分したいと思っている。(40代/女性/専業主婦)
・次の部屋にそぐわないものかと思います。壊れてたり入らなかったりといろいろ(30代/女性/パートアルバイト)
・2~3年以内に買い替える予定となりそうなものを思い切って処分します。(50代/男性/会社員)
・基本的に壊れていない限りは引越後も使うので引っ越しの際に処分するものはありません。(50代/男性/自由業・フリーランス)
・不用品で処分するものは、この中にはありません。使えるものは使うしとりあえずすべて持って行く。(40代/男性/会社員)
・ソファー。大きめのソファーを買ってしまい、模様替えで動かしたい時に動かしにくいのと、分解しないと家から出せないから。(30代/女性/専業主婦)
・壊れたPCはとっととリサイクルで、お金を払わなければならないのだからこそ持っても行けないが引き取らせられない(40代/女性/無職)
・使えるものならなんでも使いたいと思っています。もしどうしても使えないようならその品は処分しますが。(30代/男性/パートアルバイト)
・種類に限らず、「使い古して寿命をまっとうした」と思える物を処分します。(40代/男性/会社員)
・ソファ。部屋によって雰囲気を変えたいから。ソファでかなり雰囲気が変わるから。(30代/女性/専業主婦)

川崎市(自治体)の粗大ごみの取り扱いについて

粗大ごみの取り扱い





不用品回収の手順

かたづけステーションでは、以下の流れで迅速・丁寧に対応いたします!

ブルー三角

片付いた部屋のイメージ1 解決! 片付いた部屋のイメージ2

メールで問い合わせる

ページの先頭にもどる