松戸市の粗大ゴミ回収処分はお任せください!

かたづけステーション ちょい捨てプラン 積みホーダイプラン 法人向けおかたづけ
かたづけステーション ちょい捨てプラン 積みホーダイプラン 法人向けおかたづけ

ちょい捨てプラン

積みホーダイプラン

メールで問い合わせる


サービス内容

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

回収できるもの

家電 家具類 日用品
テレビ、ビデオ、コンポ、コタツ、エアコン、冷蔵庫、扇風機、炊飯器、照明、パソコン、洗濯機、ラジカセ、レンジ、暖房器具、時計 机、テーブル、椅子、カラーボックス、物置、タンス、鏡台、ベッド、洋服ダンス、本棚、ソファー、下駄箱、食器棚、サイドボード、テレビ台 布団、衣類、本、雑誌、生活ゴミ、食器、調理器具、座布団、筆記用具、ファイル、カーペット、ビン、カン、混合ゴミ
オフィス用品 書類 その他
パソコン、ノートPC、コピーボード、カラー複合機、無停電装置、事務机、PCデスク、会議テーブル、事務イス、ベンチ、書庫、ロッカー、OAラック、応接セット、空調機器 機密書類、DM・チラシ、ファイル、雑誌、新聞、パンフレット、本類 自転車、バイク

松戸市で不用品を回収してもらうときに知らないと困る4項目!

松戸市で不用品を回収してもらうには、市が運営している粗大ごみ受付センターに依頼する方法と、回収業者を利用する方法があります。

市が運営している粗大ごみ受付センターを利用する場合は、事前に電話での申し込みや「粗大ごみ処理券(粗大ごみ1点につき1枚・1,000円/1枚)」の購入が必要です。回収してもらえるのは、品物の1辺の長さが約50センチ以上のごみですが、物によってはそれ以外でも粗大ごみ扱いになる場合があります。

電話の受付時間が決められていたり、回収日の指定も100%希望に沿ってもらえなかったりするので、ある程度時間に余裕のある人でないとストレスに感じるかもしれません。

そのため、引っ越しなどで一気に大量の粗大ごみが発生した場合や、粗大ごみの出る頻度が多い場合は、回収業者を利用する人も多いようです。回収業者なら、夜遅くまで電話応対をしてくれるところや、24時間メールでの申し込みを受け付けているところもありますし、回収してもらう際の面倒な作業も少なくて済むので、忙しい社会人や兼業主婦の方は、利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

松戸市の不用品回収には1枚1,000円の「粗大ごみ処理券」が必須!

松戸市での粗大ごみの回収に、市が運営している粗大ごみ受付センターを利用する場合、まず電話で予約の申し込みをする必要があります。受付時間は月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時までとなっています。日曜日・祝日・振替休日・年末年始(12月29日から1月3日)は休みです。

事前予約が完了したら、次は、粗大ごみ処理券取扱所で1枚1,000円にて販売されている「粗大ごみ処理券」を購入します。こちらは、粗大ごみ1点につき1枚必要です。「粗大ごみ処理券」は、粗大ごみ処理券取扱所以外にも、コンビニや商店などで購入することができます。販売場所については、松戸市のホームページに一覧が掲載されているので参考にして下さい。

購入した「粗大ごみ処理券」は、名前や収集日などを記入して、粗大ごみのわかりやすい位置に貼りつけて下さい。そして準備が完了したら、収集日の朝8時30分までに指定された場所に出しましょう。もし、家が奥まった場所にあり収集車が通れない場合は、事前に申し出ておく必要があります。

また、粗大ごみを清掃施設に直接持ち込むという方法もあります。その場合も有料で、事前連絡が必要です。

松戸市で処分できる粗大ごみの種類について

松戸市で処分できる粗大ごみの種類は、大きく『木製品・布団・敷物類』『金属製品・電化製品』『大型プラスチック製品』の三つに分類できます。

『木製品・布団・敷物類』は、たんす、テーブル、衣装ケース、テレビ台、カラーボックス、レンジ台、鏡台、食器棚(いずれも木製に限る)の他、じゅうたん類、座布団、布団などが挙げられます。

『金属製品・電化製品』はヒーター、石油ストーブ、オーブンレンジ、こたつ(こたつ板含む)、ロッカー、便座、その他金属製品全般です。

『大型プラスチック製品』は、衣装ケースなどのプラスチック製品の他、ソファ、マットレス、スキー板・スノーボード・サーフボード、トランク・スーツケース、ゴルフバッグなどが該当します。また、アイロン台については、使われている材質に関係なく大型プラスチック製品に分類されます。

処分したいものの分類が不明な場合は、松戸市の粗大ごみ受付センターに問い合わせをすると良いでしょう。

こんな不用品は松戸市の粗大ごみ受付センターでは処分できません

松戸市の粗大ごみ受付センターでは、家電リサイクル・パソコンリサイクル対象のものや、処理するのが困難なもの、何らかの理由で収集・運搬が難しいもの、産業廃棄物などの回収は受け付けていません。

家電リサイクル・パソコンリサイクル対象のものというのは、エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、衣類乾燥機、デスクトップパソコン、ノートパソコンなどで、こちらは家電量販店やリサイクル業者などに回収してもらう必要があります。

処理するのが困難なものの一例としては、自動車(二輪車やバッテリーなどの部品も含む)、耐火金庫、ピアノの他、ガスボンベ、ガソリン、消火器などの危険物が挙げられます。

産業廃棄物というのは、会社や事務所、商店、ホテル、工場、飲食店などの、事業活動で出た粗大ごみのことを指します。こういったものを処分したい場合は、法律に従って産業廃棄物管理票を作成する必要があります。事前に、対応業者に確認をとることをおすすめします。

松戸市で家庭ごみを出すときはどうすればいいの?

松戸市では、家庭ごみを出す場合、主に『燃やせるごみ』『陶磁器・ガラスなどのごみ』『リサイクルするプラスチック(容器包装プラスチック)』『資源ごみ』『粗大ごみ』に分別する必要があります。

『燃やせるごみ』は、台所で発生する生ごみや資源にならない紙類・布類など、他の分類に該当しない『燃えるごみ』が対象となります。『燃やせるごみ』の収集は週に2回行われています。松戸市認定のポリ袋に入れて、収集日の朝8時30分までに指定場所に出すようにしましょう。

『陶磁器・ガラスなどのごみ』は週に1回のペースで回収してくれます。

『リサイクルするプラスチック(容器包装プラスチック)』は、食品などに使われている発泡スチロールのトレーやポリ袋などが該当します。汚れている場合は水で洗い流すなどしてきれいにする必要があります。こちらは、松戸市認定のポリ袋『以外』のポリ袋で出します。収集ペースは週に1回です。

『資源ごみ』は、紙類、布類、ビン・缶類、金属類、小形家電製品、自転車などが対象となりますが、ものによっては別の分類に入る場合があるので、詳しくは市のホームページを参考にして下さい。

『粗大ごみ』については、上で解説した通り、定期的な収集は行われていないので、自主的に申し込む必要があります。

引越しの悩みのタネ!粗大ごみの始末!処分するならどこに頼む?

アパートやマンション、あるいは新築住宅などへ引越す時に困るのが、粗大ごみの始末ではないでしょうか。自分で処分できるものなら良いのですが、サイズが大きいものであったり、重量のあるものは取扱いに悩みますよね。
そんな粗大ごみを処分する方法はいくつかありますが、こんな時皆さんはどんな風に対処しているのでしょうか?それぞれの方法を選んだ理由も含めて、100人の方にアンケート調査してみました。

【質問】引越しの粗大ごみの処分はどこに頼みますか?

【回答数】
引越し業者:47
不用品回収業者:28
どこにも頼まない:25

一度で解決!引越し業者に頼む人が最も多い!!

アンケートでは、「引越し業者」と回答した人が47人と最も多い結果となりました。

・引っ越し業者に頼むと引っ越し当日まで使えるし、自分で運んだり、処分する手間が省けると思うから。(30代/女性/パートアルバイト)
・また別に電話したりするのが面倒くさいので、そのまま捨ててもらいます。(30代/男性/パートアルバイト)
・不用品回収業者などは、どこを選べば安心なのか解りにくいし下手に選んでしまい不法投棄などを助長してしまうのが嫌なので。(30代/女性/専業主婦)

引越し業者に頼めば当日まで使えるという意見がありましたが、確かにベッドや冷蔵後など事前に処分してしまうと生活に支障が出そうです。普段通りの生活ができて、引越し当日を迎えたいというのも頷けますよね。
不用品回収業者に頼む場合、手続きが別途必要になるので面倒という人も!引越しの際は、他にも住所変更に伴う様々な手続きがあるので、できるだけ手続きを減らしたいと思うのかもしれません。なかには、社会問題になっている不法投棄のことが気になる人もいるようです。

無料や買取もある?不用品回収業者に依頼!自分で処分する人も!

二番目に多かったのが「不用品回収業者」と回答した28人で、三番目が「どこにも頼まない」の25人となりました。

・不用品回収業者によっては買い取ってくれたり、無料で回収してくれたりして便利だから。(20代/女性/学生)
・引越し業者に依頼をすると、高くつきそうなので、専門の不用品回収業者に依頼する。(30代/男性/パートアルバイト)
・業者の人に頼むと、引き取り料金がかなりかかる場合が多いので、自分で処分センターに持ち込みます。(20代/男性/学生)
・リサイクル業者に売りにいきます。うれないものは自分でごみとして出します。(30代/男性/パートアルバイト)

不用品回収業者によっては無料回収や買取もあって便利との声がありました。お得なサービスを利用できるのであれば安上がりな上、少しでも引越し費用の足しになるかもしれません。また、引越し業者に頼むより安上がりと考えている人もいて、できるだけ安く確実に処分できれば、余計な気苦労をせず引越しも随分楽になるかもしれませんね。
どこにも頼まないという人は、自分で処分センターかリサイクル業者に持ち込むようで、不用品運搬の手間があっても業者に頼むよりはお金をかけずに済みそうです。

引越し業者に頼む人が半数近く!費用を考え他の方法を取る人も

アンケートの結果、最も多かったのが「引越し業者」を選んだ人で、半数近くの回答となりました。引越しまで普段通り生活し、当日一気に片付けられることや手続きの少なさといったメリットが受けているのかもしれません。一方、不用品回収業者に依頼する人や自分で処分する方法を取るという人も意外と多く、少しでも安い費用で済ませようとする様子がうかがえました。
それぞれの方法には、費用や労力といった面でメリット・デメリットがあるでしょうから、よく検討して決めるのが良いのかもしれませんね。

アンケート実施概要

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年01月28日~2016年02月11日
■有効回答数:100サンプル

全ての回答者の声

引越しの粗大ごみの処分はどこに頼みますか?

【引越し業者】
・引っ越しとごみの処分を別々に頼むと二度手間になるので、引っ越し業者がやってくれるなら頼みたい。(20代/女性/自由業・フリーランス)
・引っ越し業者さんが引き取ってくれるならそれが一番安心かな、と思ったからです。(30代/女性/無職)
・不用品回収業者などは、どこを選べば安心なのか解りにくいし下手に選んでしまい不法投棄などを助長してしまうのが嫌なので。(30代/女性/専業主婦)
・引っ越し業者がやってくれるなら余計な手続きを何度もしなくて済むのでお願いしたい。(30代/女性/自由業・フリーランス)
・事前にリサイクルショップなど無料で出張査定してくれるところに一通り不要なものを見てもらって、どうしてもこちらで処分しないといけないものは引っ越しのときに業者さんに処分をお願いします。(40代/男性/会社員)
・引っ越し業者なら見積もりの際に言っておけば、サービスで処分してくれるから。(60代/女性/専業主婦)
・面倒臭がりなので、引越しの手続きの際に粗大ごみの処分も一緒に頼んでいます。(20代/女性/無職)
・引越し業者のプランに粗大ごみの処分が含まれているので、そのまま任せました。(50代/女性/会社員)
・面倒だし、一度に済むので引っ越し屋さんに不用品処分は頼んでしまいます。(40代/女性/専業主婦)
・引っ越し業者に頼むと引っ越し当日まで使えるし、自分で運んだり、処分する手間が省けると思うから。(30代/女性/パートアルバイト)
・引越しの粗大ごみの処分は引越し業者かな、そういうオプションサービスがついていたら(30代/男性/会社員)
・引っ越しと一緒にまとめてやってもらえるので便利です。毎回利用しています。(20代/女性/自由業・フリーランス)
・同じ引越し業者さんになら安心して処分まで頼める気がするため。(20代/男性/会社員)
・窓口をシンプルにしたいので、引っ越し業者が受けてくれるならそちらでお願いします。(40代/女性/専業主婦)
・引っ越し業者はついでに処分してくれることが多いのでサービスまたは格安で処分してくれるよう依頼しています。(40代/女性/パートアルバイト)
・ゴミ回収費用と引越し代金とあわせて支払った方が楽そうなので。(20代/女性/専業主婦)
・転勤族の引っ越しは時間が無いので、不用品の処分は引っ越し業者に頼むのが一番。その分車両の容量分お金がかかりますが…。(40代/女性/専業主婦)
・引越し時の粗大ゴミの処分は、引越し業者にまとめて頼みます。その方が楽だからです。(30代/男性/会社員)
・引っ越しの時に一緒に持ってもらうと費用がかからずに、まとめてできるから。(20代/女性/専業主婦)
・引っ越し業者なら見積もりのときに言っておけば、サービスで処分してくれるから。(60代/女性/専業主婦)
・引越し業者がそのままやってくれれば、2度手間にならないので。(50代/男性/会社員)
・以前に引っ越しをした時に、不要だった荷物の処分を引っ越し業者に頼んだからです。(30代/男性/パートアルバイト)
・見積もりを取ってもらった時に聞いてみたらお金を払えば回収してくれると言う事だったのでお願いした。(30代/女性/専業主婦)
・引っ越し業者さんにお願い出来たら、荷物を運んだ時に一緒に処分を頼みたいから。(40代/女性/パートアルバイト)
・幾つもの業者に頼むよりも、一括で同じ業者にお願いした方が楽だから。(30代/男性/自営業(個人事業主))
・引っ越し業者が処分をしてくれるのであればそれが一番効率がいいと思う(40代/女性/専業主婦)
・便利なサービスを利用できてその日の内に片付くので一石二鳥だと思います。(30代/女性/専業主婦)
・また別に電話したりするのが面倒くさいので、そのまま捨ててもらいます。(30代/男性/パートアルバイト)
・引っ越しのオプションで頼めるうえ、個人情報の取り扱いの面で安心感があるから。(50代/女性/専業主婦)
・引越と同時に処分ができるので引っ越し業者に頼むことが多いです。(50代/男性/自由業・フリーランス)
・引っ越し業者の方がそのまま依頼することができるので簡単でいいかなと思います(30代/女性/会社員)
・不要品粗大ごみを無料で処分してくれる引っ越し業者に引っ越しを頼みます。(30代/女性/専業主婦)
・これは、引っ越しをお願いする業者です。わざわざ、業者を探さなくてもいいので。(40代/男性/自営業(個人事業主))
・タダでさえ引越しの時には大変だから粗大ごみについて考えるのが面倒だから。(50代/男性/自営業(個人事業主))
・まとめてやってくれるし変な手間がかからなくて楽に感じるからです。(20代/女性/学生)
・引越業者に不用品を処分してくれるサービスがあるので、それを利用します。(20代/女性/学生)
・引っ越しのついでに不要になった家具や電化製品は業者の方にそのまま処分してもらっている(20代/女性/学生)
・引っ越し業者に頼むことができるのならば引っ越しのついでに頼んでしまうと思う。(20代/女性/無職)
・手間がかからないのが一番、引っ越しの際に一度でおわるのが便利で楽だから。(40代/女性/会社員)
・引っ越し業者にはいずれにしても部屋へ入られるわけなので、いっぺんで用が済むから。(40代/女性/無職)
・不要品業者に頼むと、別途お金がかかるので、引越し屋さんに持ってってもらいます。(30代/女性/パートアルバイト)
・違うところに頼むのもめんどくさいので、引っ越し業者にたのむ。(20代/男性/会社員)
・引っ越し当日まで使ってから捨てたい物もあるので、引っ越し業者に頼むのが手間がかからなくて便利。(30代/女性/専業主婦)
・多少高くても、手間を省けてよかったと思います。引越しは何かと大変なので。(30代/女性/専業主婦)
・荷物と共に引っ越し業者に頼みます。初めから依頼してればスムーズに済むし(30代/女性/パートアルバイト)
・引っ越し業者に頼むと、一度に家具の移動と処理ができるので、忙しい時にとても便利。(30代/男性/その他専門職)
・強いて挙げれば引っ越し業者ですが、そうならない前に収集センターに持ち込んで捨てていることが多いです。(40代/男性/会社員)

【不要品回収業者】
・引越し業者に依頼をすると、高くつきそうなので、専門の不用品回収業者に依頼する。(30代/男性/パートアルバイト)
・役所の回収業者にお願いすることが多いかも。お金がかかるけど確実だから(30代/女性/専業主婦)
・引越しの粗大ごみの処分は不要品回収業者なのではないかと思います。(50代/男性/会社員)
・不用品回収業者に頼むととても便利で処分もしてくれるから。後安い(20代/女性/学生)
・不要品回収業者によっては買い取ってくれたり、無料で回収してくれたりして便利だから。(20代/女性/学生)
・以前引越しの際についでに引越し業者に依頼しようとしたら、かなり費用がかかるとのことだったため。(30代/男性/自営業(個人事業主))
・いらないものは不要品回収業者が引き取ってくれるという考えがあるから。(20代/女性/学生)
・不用品回収業者の中には、不用品を「買い取って」くれる所もあるので、お金になるから。市に頼むのは、日時の関係上、めんどくさいので。(30代/女性/会社員)
・無料またはできるだけ安価で自宅まで回収に来てくれる業者だと助かるので。(50代/男性/会社員)
・不用品回収業者にお願いすることが多いです。引っ越し業者でやってくれるなら一度にお願いできるのでラクです。(40代/女性/パートアルバイト)
・無料で引き取ってもらえるところ優先。換金できればなおよし。処分なら自治体へ。(40代/男性/会社員)
・引越しが決まったら、まず捨てられるものは業者に処分してもらいます。(50代/女性/自由業・フリーランス)
・リサイクル業者に買い取ってもらった。ほとんどが、買取ではなく引き取りだった。(40代/女性/その他専門職)
・粗大ゴミがたくさん発生するようであれば、不要品回収業者に頼むしかないと思うから。(30代/男性/会社員)
・不用品回収業者に引っ越し前に出来るだけ安く交渉して処分しておきます。(40代/男性/自営業(個人事業主))
・引越の時に出た粗大ゴミは、まとめて不用品回収業者にお願いしています。(40代/女性/専業主婦)
・専門の業者に依頼したことがありますが、何でも引き取ってもらえて助かりました。けれど、金額は高いです。(40代/女性/自由業・フリーランス)
・連絡をすれば指定する日時に受け取りに来てくれるので、ギリギリまで捨てずに使うことができるので(40代/男性/会社員)
・リサイクルショップに来てもらい、買い取り可能なぶんは夏ってもらい、他は処分しました(30代/女性/会社員)
・私の住む地域では自治会が集めてくれるのでそこに任せています。(20代/女性/学生)
・引越しの粗大ゴミの処分は、不用品回収業者に頼みます。不用品回収業者に頼んだほうが費用を抑えることができるからです。(30代/男性/会社員)
・以前お願いして、とても楽だったので。値段もそこまで高くないので、また機会があればお願いしたいです。(30代/女性/契約派遣社員)
・引っ越し業者で無料引取りしてくれるなら頼みますが基本は安い業者です。(20代/女性/専業主婦)
・引っ越し業者が来る前に粗大ごみは処分したいので、専門の回収業者に頼みます。(30代/男性/会社員)
・無料で何でも回収という業者に頼めば、こちらも嬉しいし相手も嬉しいかと思う(20代/男性/パートアルバイト)
・安くやってくれるところを探してお願いする。引っ越し業者より安い気がする(20代/女性/パートアルバイト)
・まずは、不用品回収業者に頼みます。それでだめなら、諦めて引越し業者に頼みます。(40代/男性/会社員)
・無料でやっている不用品回収業者があるので、処分してもらえる物なら、そこを利用したいと思います。(50代/女性/パートアルバイト)

【どこにも頼まない】
・引越しの粗大ごみの処分は、ゴミ捨て場に捨てますよ、最近は有料だけどね。(30代/男性/会社員)
・住んでいる地域では、まだ粗大ゴミは有料になってないし、回収業者はなんとなく怪しいから。(20代/女性/無職)
・リサイクル業者に売りにいきます。うれないものは自分でごみとして出します。(30代/男性/パートアルバイト)
・何回か引っ越しは経験していますが、まだ粗大ごみと言えるほどのごみが出ていないので。ごみ収集で回収できないものは、夫がごみセンターまで出しに行ってくれるし・・。(
30代/女性/専業主婦) ・ゴミの回収日の中に粗大ゴミの欄があれば、業者に頼まず自分で処理を行います(20代/女性/パートアルバイト)
・業者の人に頼むと、引き取り料金がかなりかかる場合が多いので、自分で処分センターに持ち込みます。(20代/男性/学生)
・粗大ゴミは自分で小さく解体してそれぞれに分別して廃棄します。(30代/男性/会社員)
・もともと住んでいる場所の粗大ゴミの日に出して、その場所のゴミ処理場に任せています。(20代/女性/学生)
・ある程度処分して運搬するものを決めてから引っ越し業者を決めます。(40代/女性/その他専門職)
・粗大ゴミは基本は自分で清掃センターに運んでいるから。車に乗らないものが出たらまた考えるかもしれない。(30代/女性/専業主婦)
・車で処理場へ持っていって、自己搬入による処分を利用しています。(30代/男性/契約派遣社員)
・自ら、自治体が運営するリサイクルセンターに持参します。それが一番安い処分方法です。(50代/男性/公務員)
・ほとんどの物は自分でばらして捨てるか、ガラクタやリサイクル業者に売るか、実家で焼却処分します。(40代/男性/会社員)
・業者に依頼するより自分で処分したほうがお金がかからなそうだから。(20代/女性/専業主婦)
・引っ越しをするときにはなるべく粗大ごみは出ないようにしているので、どこにも頼まないし、もし出たらそのまま持っていく(40代/男性/パートアルバイト)
・分解して燃えるごみの日に小出しにして処分費用を節約するから。(40代/男性/会社員)
・今のところは引っ越しでも何も出すものが無いから、何も出さないだけである(40代/女性/無職)
・引越しの粗大ごみの処分はどこにも頼まないのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)
・市町村のごみ集積所に車でもって行けば、受け付けてくれることが多いので直接持っていってしまいます。(40代/男性/その他専門職)
・どこにも頼みません。自分で軽トラックを借りて処分場までもって行きます。(40代/男性/会社員)
・引っ越し後のゴミに関しては、普通に引っ越した先の自治体のゴミ回収に合わせて処分します。(50代/男性/専業主夫)
・地元の自治体の粗大ごみに自分で出すのでたのむことはありません(40代/女性/契約派遣社員)
・自治体の粗大ごみの日にただ出すだけなので特に手配はしていません。(40代/男性/無職)
・自分達で市のゴミ収集場に持っていく。1日の無料のゴミの限度ずつ、何日間に分けて捨てに行く。(40代/女性/パートアルバイト)
・自宅から車で30分ぐらいの所に粗大ゴミ捨て場があるので、そこへ持って行けばいいから。(40代/女性/無職)

松戸市のお客様事例

【不用品回収 松戸市みのり台】
料金:不用品回収8,400円+ハウスクリーニング9,450円+出張料金3,150円=21,000円
作業内容:松戸市みのり台駅に近い一軒家からのご依頼でした。
閑静な住宅地にあるお住まいで、昔からこちらにご在住とのことでした。 お子様は皆巣立たれ、高齢のご夫婦二人でお住まいでした。 長年使ってきた洋服ダンスがかなり古びてきたとのことでいくつかまとめて整理したいとのご要望でした。 タンス二つを整理して一つにされたため、不要のタンスと大型のダンボールに二個分の衣類を回収させていただきました。
「年寄り二人では運び出すのも難しく、通りがかりの廃品業者さんにもなかなか頼みにくかったので助かりました。」とのお言葉をいただきお客様宅を後にしました。

松戸市(自治体)の粗大ごみの取り扱いについて

粗大ごみの取り扱い



松戸市対象地域

  • 秋山
  • 旭町
  • 岩瀬
  • 大金平
  • 大橋
  • 大谷口
  • 大谷口新田
  • 上総内
  • 金ケ作
  • 紙敷
  • 上本郷
  • 上矢切
  • 河原塚
  • 北松戸
  • 串崎新田
  • 串崎南町
  • 久保平賀
  • 栗ケ沢
  • 栗山
  • 幸田
  • 幸谷
  • 古ケ崎
  • 小金
  • 小金原
  • 小根本
  • 小山
  • 胡録台
  • 五香
  • 五香西
  • 五香南
  • 五香六実
  • 栄町
  • 栄町西
  • 七右衛門新田
  • 下矢切
  • 新作
  • 新松戸
  • 新松戸北
  • 新松戸東
  • 新松戸南
  • 千駄堀
  • 高塚新田
  • 高柳
  • 高柳新田
  • 竹ケ花
  • 竹ケ花西町
  • 田中新田
  • 常盤平
  • 殿平賀
  • 仲井町
  • 中金杉
  • 中根
  • 中根長津町
  • 中矢切
  • 中和倉
  • 西馬橋
  • 二十世紀が丘
  • 根木内
  • 根本
  • 野菊野
  • 八ケ崎
  • 八ケ崎緑町
  • 初富飛地
  • 東平賀
  • 日暮
  • 樋野口
  • 平賀
  • 二ツ木
  • 二ツ木二葉町
  • 本町
  • 牧の原
  • 松戸
  • 松戸新田
  • 松飛台
  • 馬橋
  • 三ケ月
  • 緑ケ丘
  • 南花島
  • 稔台
  • 三矢小台
  • 六実
  • 主水新田
  • 横須賀
  • 吉井町
  • 六高台
  • 六高台西
  • 和名ケ谷


不用品回収の手順

かたづけステーションでは、以下の流れで迅速・丁寧に対応いたします!

ブルー三角

片付いた部屋のイメージ1 解決! 片付いた部屋のイメージ2

メールで問い合わせる

ページの先頭にもどる