豆知識

2012/09/12(水)

リサイクルとは?

リサイクルとは?

「リサイクル」という言葉は、もう何年の前から世界中の人々の生活に染み付いてきましたが、これの意味をしっかりと解説したいとおもいます。

リサイクルとは「再循環」のこと言い、製品化された物を再資源化し、新たな製品の原料として利用することです。同じ一つの種類の製品に再循環できないタイプの再生利用に関しても広く「リサイクル」というに位置付けになります。 要するに、いっかい作られた物を、もう一度資源化して、新しい物を作るときの原料にすることです。 例えば、牛乳パックを一度ドロドロに溶かしてトイレットペーパーにする。プラスチックを溶かしてもう一度再利用する。油を精製して、車の燃料にする。といった風に様々なところでリサイクルが行なわれていることがわかります。
リサイクルのポイントは、再資源化時に人間の手を加えて原料にしていることです。 ※溶かす際に熱を加えるなど この手を加える作業にはどうしても別のエネルギーを使ってしまうので、なるべくならリデュース(ゴミの削減)やリユース(再使用)をしたほうが社会のためになります。

かたづけステーションでは、お客様から回収した不用品のうち、掃除をすれば使える物などはリサイクルショップを始めとした再流通を、どうしても使えないものは分別や分解をしてリサイクルできるように努めています。

メールで問い合わせる

ページの先頭にもどる